日の光を浴びて育ったグリーンアスパラガスは、見るからに栄養たっぷりですよね。

その点、ホワイトアスパラガスは日の当たらない土の中育ちで真っ白です。

いったいどんな栄養素があるんでしょうか?

ホワイトアスパラガスの栄養について調べてみました。

アスパラガス 白 栄養

栄養素を比較

グリーンアスパラガスは緑黄色野菜の仲間で、栄養素がたっぷり含まれています。

どんな栄養素が含まれているか見てみましょう。

  • 疲労回復に効果が期待できるアスパラギン酸
  • 免疫力を高めるといわれているβカロテン
  • 動脈硬化の予防に効果があるといわれるルチン

他にも、たんぱく質、ビタミンA,ビタミンB群、ビタミンC,亜鉛、銅など、ざっとあげただけでもこんなに含まれています。

一方、ホワイトアスパラガスは日光を浴びていない為、栄養素があまりありません。

βカロテンはほとんど含まれず、たんぱく質、ビタミンB群はグリーンアスパラガスの半分程度と言われています。

しかし、抗酸化作用が期待できるポリフェノールがグリーンアスパラガスの1.5倍という説があるそうです。

鉄分もグリーンアスパラガスより多く含んでいるようです。

全く栄養素が無いわけではありませんが、栄養価を期待して食べるのなら、グリーンアスパラガスの方がいいようです。

ホワイトアスパラガスには特有の香り、甘み、ジューシーさなどを楽しんでおいしくいただいたほうがいいようですね。

スポンサードリンク

缶詰には栄養はあるの?

生のホワイトアスパラガスは栽培に手間がかかる上、大変傷みやすいため、流通量が少なく価格も高めです。

旬の時期しか手に入らない貴重な野菜なので、年間を通して食べるのであれば缶詰を利用するといいでしょう。

スーパーなどでも、缶詰ならばよく見かけますよね。

もともと栄養価の期待できる野菜ではありませんが、缶詰にしてもそれほど栄養価は変わらないようです。

ただ、生のホワイトアスパラガスを調理したものと比べると、格段と香りも、味も落ちてしまいます。

やはり、旬の時期においしいホワイトアスパラガスを手に入れたいですね。

まとめ

グリーンアスパラガスはシャキッとした触感、豊富な栄養。

ホワイトアスパラガスはジューシーな触感と特有の香り。

それぞれに良いところがあります。

その特徴を生かし、用途によってうまく使い分けましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク