キャベツは冷蔵庫に入れて保存するのが一般的です。

しかし、冷凍保存も可能になっています。

ですが冷凍保存すると茶色くなり臭うんだとか…。

そこで今回はその原因と防止策について紹介していきます。

キャベツ 冷凍 茶色 臭い 原因 防止

キャベツの冷凍保存はおすすめしない?

キャベツの保存方法といえば、冷蔵庫での保存が一般的です。

冷凍保存の方が長持ちしそうですが、冷凍保存はキャベツの保存方法としてどうなのでしょうか。

冷凍保存すると茶色くなる?

キャベツを冷凍保存する場合、料理に使う時には解凍してから使用します。

冷凍したキャベツを解凍すると一部が変色して茶色になることがあります。

また、なんだか嫌な臭い匂いがするのです。

なぜ茶色くなり臭くなるのかというと、そもそも生野菜は冷凍に向かない食材なんだそうです。

冷凍してしまうと野菜の水分が凍ってしまい、細胞が壊れてしまいます。

そのため解凍すると水分が溶けだしていき、壊れた細胞が茶色く変色してしまうのです。

そして変色してしまったキャベツからは臭い匂いがします。

スポンサードリンク

キャベツの正しい冷凍保存方法

冷凍することで変色し臭くなるキャベツですが、実は正しい方法で冷凍保存すれば茶色く変色することなく、また臭くもならないのです。

そこで、正しいキャベツの冷凍保存の方法を紹介していきます。

生のままで冷凍する場合

生のままキャベツを冷凍保存する場合、まず小さくカットしていきます。

そしてそのままジップロックなどの空気を通さないよう気に入れ保存していきます。

生のまま冷凍したキャベツは炒め物に最適です。

解凍せずにそのまま火を通すことができます。

そのため茶色く変色したり臭くなったりしません。

茹でて冷凍する場合

キャベツを冷凍保存する時はそのまま生のまま冷凍するよりは、固めに茹でてから冷凍保存することをおすすめします。

そして水気をしっかりとってジップロックなどに入れ空気をしっかり抜いてから冷凍保存することができます。

しかし茹でてから冷凍したキャベツは水っぽくなっているので炒め物には向きません。

汁物に入れる場合は解凍せずにそのまま入れることができます。

まとめ

今回はキャベツを冷凍保存した時に茶色く変色し臭くなる原因、そして正しいキャベツの冷凍方法を紹介しました。

正しい保存方法そして正しく調理に使い賢くキャベツを使っていきましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク