キャベツを温野菜にすると、美味しいですよね。

温野菜は、ヘルシーなので糖尿病などの生活習慣病でも推奨される食べ方でもあるのだそう。

しかし、温野菜を作るのに毎回蒸し器を使うのって、面倒ですよね。

そもそも蒸し器を持っていない、という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、レンジでできるキャベツの温野菜について、調べてまとめてみました。

キャベツ ラップ レンジ

レンジでキャベツの温野菜の作り方

下ごしらえをする

まず、キャベツを洗います。

キャベツは、熱が均一に通るように、均一な大きさにそろえて切るのがよいそうです。

芯は取ってくださいね。

ラップをする

一番いいのは、電子レンジのマニュアルの「ゆで野菜」モードがあれば、それに従って加熱することでしょう。

しかし、「きっちりラップして平皿に乗せる」などとありますが、それではキャベツの熱い汁がこぼれたりして火傷しないかが心配です。

おすすめなのは、耐熱ボウルに、食べやすい大きさに切ったキャベツを入れて、ふわっとラップをかけることです。

加熱する

加熱時間は、キャベツ100gにつき、500Wで1分30秒、600Wで1分10秒ほどが良いそうです。

様子を見て、加減してあげてくださいね。

加熱後は、火傷しないように気を付けて取り出して、調理してください。

ちなみに、ラップは手前からではなくて向こう側から開けると、蒸気が顔に当たらずに済みますよ。

スポンサードリンク

キャベツの味付け

すりごまと醤油、ごま油で和風に決めるもよし。

カレー粉を使って味付けすれば、辛味と旨味でたくさんもりもりと食べられるでしょう。

抹茶塩にちょっとつけて頂いたり、酢醤油につけたりと、味を変えて楽しんでいるうちに、野菜をたっぷり摂れますね。

まとめ

キャベツの温野菜を作るときの、ラップのかけ方やレンジの加熱時間、そして味付けについてまとめてみました。

蒸し器よりもはるかに簡単ですので、一度試してみてくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事