アスパラガスを保存する場合はどのように保存しておけばいいのでしょうか。

また賞味期限はいつまでなのでしょうか。

そこで今回はアスパラガスについて調べていきましょう。

アスパラガス 保存 方法 期限

アスパラガスはどうやって保存するの?

アスパラガスはどのように保存していけばいいのでしょうか?

常温?冷蔵庫?冷凍庫?

また保存する時には茹でた方がいいのでしょうか?

まずはアスパラガスの保存方法についてみていきましょう。

そのままの状態で保存する場合

アスパラガスはそのままの状態で保存しておくことが可能です。

しかし常温保存には向いていません。

なざならアスパラガスの保存温度は2.5℃だといわれているからです。

そのままの状態で保存する場合はキッチンペーパーや新聞紙を濡らし、アスパラガスを包んでいきます。

そして根本を下にし立てて野菜室に保存するようにします。

茹でた状態で保存する場合

アスパラガスを茹でて保存するといった場合は、冷凍庫での保存がおすすめです。

冷蔵庫でも可能ですが、鮮度が落ちてしまうので冷凍庫がおすすめです。

茹でたアスパラガスはタッパーやジップロックに入れて保存しましょう。

スペースが少なくすむため、野菜の冷凍保存にはジップロックがおすすめです。

茹でる場合に注意して欲しいのは茹で加減です。

茹ですぎてしまうと解凍した時にべちゃべちゃになってしまいおいしくなくなってしまいます。

さっと茹でるくらいがちょうどいいでしょう。

茹でた後はキッチンペーパーで水気をしっかり取ってから、ジップロックに入れて保存していきましょう。

スポンサードリンク

賞味期限は?

アスパラガスの賞味期限は、保存方法によって異なります。

そのため生の状態でそのまま保存した時の賞味期限と茹でて保存した時の賞味期限をそれぞれ紹介していきます。

そのままで保存した場合

そのままの状態で保存した場合、賞味期限は2日~4日となっています。

賞味期限が短いので、購入したらすぐに使い切った方がいいかもしれません。

茹でて保存した場合

茹でて保存した場合の賞味期限は2日~3日となっています。

茹でてだけの状態で保存する場合はすぐに食べきるようにして下さい。

しかし茹でて冷凍保存した場合の賞味期限は、1ヵ月程度です。

冷凍保存が一番賞味期限が長いです。

そのため、アスパラガスを保存する場合は茹でて冷凍保存するようにしましょう。

茹でて冷凍保存するのが面倒だという方はすぐに食べきってしまいましょう。

まとめ

今回はアスパラガスの保存方法と賞味期限についてみていきました。

ぜひ保存する時の参考にして下さい。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク