アスパラガスの皮は固いですよね?

この皮はむきますか?

むきませんか?

今回はアスパラガスを調理する時にどっちにしたらいいのだろうと悩む方が多い、アスパラガスの皮をむくむかないの問題についてみていきましょう。

アスパラガス 皮 むく むかない

皮はむいた方がいい?

アスパラガスのレシピを見ると、下処理として皮をむくとありますが、皮はむいた方がいいのでしょうか?

むいた方が食べやすい?

アスパラガスの皮は固いので、皮を残したまま食べると食感がとても固くなってしまいます。

しかしこの固さが好きだという方もいるので、必ずしもむく必要はありません。

しかし皮はむくのが一般的のようです。

むいた皮も有効活用!

アスパラガスを調理する時は、食べやすくするために皮をむいた方がいいようです。

しかしむいた皮をそのまま捨ててしまうのはもったいないです。

皮にはアスパラガスの風味が含まれているんだそうです。

むいた皮は細かくしたり、フードプロセッサーでつぶしたりして食べやすくします。

そしてスープに入れるなどして使い切りましょう。

スポンサードリンク

どこの皮をむくの?

アスパラガスの皮をむく場合、どこをむいていくのでしょうか?

下処理の仕方は?

アスパラガスの下処理の仕方ですが、まず硬い根本を切り落とす必要があります。

片方は根本の部分、そしてもう片方は真ん中よりも根本に近いところをもちます。

そしてそのまま曲げて下さい。

そうするとポキッと折れるので、固い根本と食べることができる部分に分けることができます。

また下処理ですが、アスパラガスはアクが少ない野菜なので下茹では必要ありません。

しかし調理によっては下茹でした方がいい場合もあるので、レシピによって下茹でするかどうかは決めるといいでしょう。

皮はどうやってむくの?

アスパラガスの皮をむく場合、茎の下の方の皮をむいていきます。

下の部分の皮が固いところには筋があるので、この筋を包丁やピーラーを使ってむいていくといいでしょう。

ピーラーの方が簡単にむくことができるのでおすすめです。

しかしこの筋は全てむく必要はありません。

ところどころむくだけでも充分のようです。

しかし固い食感が気になるのなら全部むくといいでしょう。

むいておくことで食べた時に筋に当たらず口当たりがよくなります。

まとめ

今回はアスパラガスの皮はむくのかむかないのかについてみていきました。

アスパラガスの下の方にある筋の多い固い部分は、むいた方が美味しく食べることができるようです。

しかし好みもあるので、必ずしもむく必要はありません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク