近頃、ほうれん草はスーパーや八百屋さんなどでほぼ1年中手にはいります。

ほうれん草には体によい栄養がたくさん含まれているので、こまめに食べたい野菜ですよね。

ですが、一度にたくさん買ってもなかなか食べきれないことはありませんか?

買ってきて放置しておくと、葉がしおれて、元気がなくなってしまいます。

他の葉物野菜も日持ちしませんが、ほうれん草はどれくらい日持ちするのでしょう?

調べてみましょう。

ほうれん草 日持ち 冷蔵庫 冷凍 常温

ほうれん草の日持ち

冷蔵庫の場合

ほうれん草は放置しておくと葉の部分から水分がどんどん蒸発してしまいます。

すぐに調理せず日持ちさせたい場合は、湿らせた新聞紙でくるみ、ポリ袋などに入れて、立てて(根っこを下にして)冷蔵庫の野菜室で保存します。

この場合、およそ1週間程度保存できます。

また、ほうれん草を50℃のお湯でザブザブ洗ってから保存すると、ただ湿った新聞紙にくるんで保存するより、鮮度が保たれるようです。

もう少し、保存したい場合には、きれいに洗って泥を落とし、根元を切り落としてから保存します。

冷凍庫の場合

冷凍庫でほうれん草を保存する場合は、生で2~3週間、茹でてからだとおよそ1か月ぐらいが日持ちの目安と言われています。

ほうれん草がたくさん手に入ったとき、冷蔵庫で保存しきれない場合は冷凍庫を活用するのも“手”ですね。

冷凍庫で保存する場合は、食べやすい大きさに切って小分して保存すると、麺類のアクセントにしたりして使えるのでおすすめです。

細かく切って冷凍すれば、離乳食つくりにも重宝します。

アクが気になる方や、離乳食に利用される方は、一度茹でてから冷凍したほうがいいですね。

スポンサードリンク

常温の場合

ほうれん草の保存は0℃~5℃が適した温度と言われています。

かなり低い温度ですね。

常温で保存できるのは夏場で1日、冬場でも2日が限度言われています。

常温でも水分は蒸発していきますので、やはり湿らせた新聞紙でくるむなど水分を逃がさない工夫が必要です。

ですが、できれば常温保存は避けて、冷蔵庫の野菜室や冷凍庫で保存したほうがよさそうです。

まとめ

鮮度のいいほうれん草を手に入れても、保存方法によっては日持ちしないことがわかりました。

水分が蒸発して、鮮度が落ちると栄養価も下がってしまいます。

栄養価が下がる前においしく頂きたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク