キャベツといえば栄養価も高く、優れた食品でることはみなさんご存知だと思いますが、キャベツの葉って全部食べて大丈夫なんでしょうか?

今の世の中、農薬を使っていない野菜なんてほとんどありません。

あっても無農薬野菜はお高いですよね。

そこでキャベツを安全安心に食べられるようにキャベツの葉について調べました。

キャベツ どこまで 剥く 葉

キャベツの葉は栄養がいっぱい!

キャベツの一番栄養価が高いのは、芯の部分と外側の葉っぱなんです。

特にビタミンⅭが豊富なのですが、キャベツの部分によって含有量が変わり、外側の皮に一番多く含んでいると言われています。

次に多いのが芯の部分です。

捨てるなんてもったいないですね。

他にもビタミンU、βカロテンが豊富に含まれていますので、無駄なく食べていきたいですね。

スポンサードリンク

キャベツの葉に農薬は残っているのか!?

どうしても外側のキャベツの葉を数枚剥がしてから料理をする人の多くは農薬が気になっているからではないでしょうか?

農薬の散布の時に直接かかっていた部分を取り除きたいという気持ちはわかります。

でも、多くの農家さんでは収穫時にキャベツの1番外側の葉は地面に残しているんです。

この葉が1番多くの農薬がかかっている可能性があります。

そして、店舗に並べる際にも店員さんがもう1、2枚剥がしている場合も多いです。

キャベツのような結球野菜は内側が成長していく野菜です。

内側から成長していくので、農薬を受けた外側の葉の部分は変わらないので、購入者の手に入れるころには農薬を受けた葉はすでに外れていることになります。

極端な話、キャベツは買った直後なら洗わなくても大丈夫なんですよ。

農薬は目に見えないものですから、どうしても農薬が心配という方はいると思います。

そんな方は、水洗いすることや、茹でこぼしを行なうことによって農薬を落とすことができますので、参考にして下さい。

まとめ

料理にかかせないキャベツについてわかっていただけたと思います。

今では1年中手に入るキャベツは栄養満点、安価な野菜です。

特に外側の葉や固い芯の部分のような料理しずらい部分の栄養価が高いので、捨てるようなことはしないで、上手に料理をして満腹と健康を手にいれましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク