栄養豊富で調理しやすいアスパラガスは、人気の野菜です。

とくに見た目がおしゃれなことから女性に人気のある野菜となっています。

今回はそんなアスパラガスに生えている葉っぱについてみていきましょう。

葉っぱは食べることができるのでしょうか?

調べてみました。

アスパラガス 葉 食べる

アスパラガスの葉っぱって?

アスパラガスのどの部分が葉っぱなのか知っていますか?

まずはアスパラガスの葉っぱがどの部分のことを指すのか見ていきましょう。

どこが葉っぱ?

アスパラガスの周りに色の三角形の濃い緑色のヒラヒラがついているのを知っていますか?

この三角形のヒラヒラの部分が、アスパラガスの葉っぱになります。

先端部分はアスパラガスの葉が重なっているため、あのような形になっているようです。

葉っぱがおしゃれな感じに重なっていますよね。

自然にあの形に重なるのがすごいなと思います。

葉なのに光合成をしないって本当?

アスパラガスの葉っぱは光合成をおこないません。

アスパラガスはなんと茎の部分で光合成をおこなっているようです。

葉っぱが光合成を行うイメージが強いので、葉っぱがしなくて茎が光合成を行うことに意外性を感じた人もいるのではないでしょうか。

アスパラガスは茎から直径1~2㎜もの細い茎が生えていくつも枝分かれしていきます。

この枝分かれした部分に葉緑体があり光合成が行われるようです。

では葉はなぜついているのかということになります。

アスパラガスの葉は葉緑体のある細い茎、擬葉を守るためについています。

アスパラガスは寒さ残る春に芽を出します。

寒さで擬葉がだめにならないように、葉で守っているのです。

そのためアスパラガスにとって葉っぱはかかせません。

スポンサードリンク

食べることはできるの?

アスパラガスの葉っぱは食べることができるのでしょうか?

先端の葉はやわらかく食べやすい

先端の葉っぱが重なっている部分は、よく食べられています。

柔らかく食べやすいので葉っぱの部分が好きだというか方もいるくらいです。

茎についた葉っぱは?

茎についている擬葉も食べることが可能です。

しかし食感があまりよくないようなので、好みに寄りますが取り除く方もいるようです。

少しもそもそしているので嫌だという方もいるようです。

まとめ

今回はアスパラガスの葉っぱは食べることができるのかについて紹介しました。

茎についたあの部分が葉っぱだとは知りませんでした。

アスパラガスをスーパーなどで見ることがあったらチェックしてみようと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク