日本では当たり前のように一般家庭の食卓にも登場していると思いますが、アスパラガスが最も多く生産されている国ってどこ?と聞かれると、答えることが出来ますか?

アスパラガスは世界核国で生産されているんですよ。

その中で、どの国が一番アスパラガスを生産しているのでしょうか。

アスパラガス 生産 世界

中国は世界最大のアスパラガス生産国

世界最大のアスパラガス生産国と言われている中国では、これまでも順調にアスパラガスの生産量を伸ばしていったのですが、2009年以降からは、アスパラガスの生産量が減っていたこともありました。

アスパラガスの需要が減ってきたことが原因とされていますが、その他にもアスパラガスの収益と作付面積の減少、コストの増加なども原因とされています。

しかし、そんな中でもアスパラガスの生産量は、常に中国がトップに上がっています。

ペルーは世界最大のアスパラガス輸出国

ペルーは世界最大のアスパラガス輸出国と言われています。

その中でも缶詰アスパラガスの輸出量は中国に次いで2位を占めています。

1990年代後半では、缶詰のアスパラの輸出は中国の方が多く占めていたのですが、コールドチェーンの設備によって、ペルーの農業企業が生鮮輸出に特化し、優位に参入できるようになることで、アスパラガスの大部分を占めることにつながったのです。

スポンサードリンク

アスパラガスの輸入量は米国が世界一

米国市場における生産農産物の需要が増えたことや、米国やメキシコなどを狙ってアスパラガスを供給したことが、米国での輸入量を増やす最大の理由と考えられています。

まとめ

アスパラガスの生産量は、中国が一番多く、世界一だと言われています。

日本でもアスパラガスの生産は行われているのですが、比較できない位中国の方が多いと言われており、年間のアスパラガスの生産量は常に中国がトップに君臨しています。

全体的にも、アスパラガスの生産量は減りつつあり、中国でも生産量の伸びに悩む時期もありますが、それでもアスパラガスの生産量は中国が常にトップに上がっています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク