血圧は今や病院でも自宅でも簡単に図ることができます。

自分が高血圧かどうかは健康診断などですでにわかっている方多いですね。

高血圧は動脈硬化を促進し、脳卒中や心疾患、慢性腎臓病など、リスクが高い病気です。

薬などを処方されている方も多いとは思いますが、

毎日の食事を見直すこともとても大事なことです。

今回はそんな高血圧の予防に効果的な食材、トマトの栄養素について調べてみました。

トマト 効果 食べ方 リコピン 血圧

トマトの栄養素とは

トマトには様々な栄養素がありますが、中でも注目されているのがリコピンです。

リコピンは、強い抗酸化作用があります

この働きにより悪玉コレストロールの酸化を抑制し、血液をサラサラに保つ働きがあります

また、ビタミンCやルチンは血圧を下げる働きがありますし、

カリウムはナトリウムの排出を促すことで、

血液の中の水分量を調節し高血圧を予防・改善する働きがあります。

その他にもたくさんの栄養素があり、

その効能は、疲労回復・風邪予防・老化や生活習慣病予防・むくみ、

高血圧予防・ダイエットから美白美肌効果までたくさんの効能があり、

トマトは万能食材なのです。

スポンサードリンク

どんな食べ方が良いか

どんな食し方が良いのか、それには栄養素の性質を知ると考えやすいです。

例えば、リコピンは、熱に強く油に溶けやすい

牛乳などの脂肪分に吸収されやすいという性質を持っていますので、

煮たり、焼いたり、炒めたりして、オリーブオイルをかけたり、

牛乳とミキサーに入れてスムージーにしたりと、

お料理のアレンジの幅は広いと言えるでしょう。

また、夜に摂取すると良いとされるビタミンCには、熱に壊れやすいという性質がありますので、

夜には生食のトマトを食するのが良いでしょう。

まとめ

トマトを調べてみると、高血圧の予防・改善の他、

様々な効能があり、まさに健康食材と言えます。

トマトは、アレンジもしやすく、飽きずに食することができますので、

1日3個から4個を食すると良いでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク