ほうれん草は他の野菜に比べて、比較的、栽培が容易だと言われています。

元肥(もとごえ)さえしっかりしていれば、追肥(ついひ)もいらないと言われるほうれん草ですが、より大きく、大量に、そして美味しいほうれん草を栽培するには、窒素を多く含む肥料が適していると言われています。

ほうれん草 肥料 成分

ほうれん草で必要な栄養素

ほうれん草の栽培で必要な栄養素は、他の野菜と同じく三大栄養素の「窒素、リン酸、カリ」です。

ほうれん草は他の野菜と比較して、多くの肥料を好む作物と言われており、栽培が進むと、特に窒素の吸収量は成長具合と比例して増加する事が多いです。

すなわち、窒素を欠かさないように栽培することが、ほうれん草栽培を成功させるコツとも言えるでしょう。

この窒素が足りないと、ほうれん草は栄養不足となり、葉っぱの色が黄色っぽい色になってしまったり、育成不良などが起きて葉っぱが小さくなってしまったりすると言われていますので注意が必要です。

ほうれん草栽培に必要な窒素量

さて、ほうれん草の育成に大事な窒素ですが、土壌にどのくらい含まれていれば良いのでしょうか。

一般的には、土壌内の窒素量を示す値で、100g中の乾いた土の中に、窒素が5mg残存している必要があると言われています。

土壌の窒素は、雨やほうれん草の育成に伴って減って行く為、土壌の窒素濃度が5mg/100gを下回らないように、適宜、窒素成分を含んだ肥料を選び、施肥していくようにしましょう。

ほうれん草の最適な育成環境は、窒素の量が、およそ10mg/100gと言われています。

この値から大きく増減しない程度に、追肥を行いましょう。

窒素が多くなってしまうと、栄養過多となり、必要以上に葉っぱが柔らかくなり、虫の被害が増えると言われていますので注意が必要です。

スポンサードリンク

窒素を多く含む肥料を選ぼう

有機質肥料では油かすや魚粉、無機質肥料では尿素を選ぶと良いでしょう。

有機質と無機質の違いは、即効性の違いと覚えておくと良いでしょう。

一般的には有機質はゆっくりと、無機質の場合は即効性があると言われています。

普段の施肥では有機質肥料を、育成不良などが目に見える場合は無機質肥料の利用を検討しましょう。

まとめ

ほうれん草の育成には窒素が大事ということをしっかりと覚えておき、土作りから収穫まで、窒素を欠かさないように注意して栽培しましょう。

また、窒素の吸収を助けるには適切な水やりも大事になってきますので、肥料に適した水やりなども注意して行いましょう!

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク