人間にはとっても体に良いトマトですが、犬にあげていいかどうかは考えてしまう部分ってありますよね。

そこで今回は犬にとってトマトのどういう部分に注意すればよいのかについてです。

犬 トマト ダメ

トマトに入っているトマチンって何?

トマトの赤く熟して食べられる状態のものにはごく微量しか含まれていないトマチンという成分ですが、ネーミングはとてもかわいいものですがこれは害虫忌避成分です。

しかしこれは一日にトマトを100個ぐらい食べ続けなければ危険とは言えないほどの量ですので、犬にトマトを絶対に食べさせてはいけないということはありません。

市販で売られているドックフードにもよく見てみるとトマト入りのものはたくさん売られているので大丈夫な食材です。

しかし中毒症状がでないためにも、食べさせすぎには気をつけましょう

栽培中のトマトには注意!

家庭菜園でトマトを作っているかたは多くいらっしゃると思いますが、犬などをペットで飼っている時には注意が必要です。

赤い実のトマトにはごくわずかしか入っていないトマチンという成分は、葉や茎、花や未熟な青いトマトには多く含まれています。

そのため万が一誤って食べないように注意しておく必要があります。

スポンサードリンク

中毒症状はどんなかんじで出てくるの?

食べさせ過ぎや未熟なトマトを食べてしまった場合、ペットの犬の中毒症状は家族同様ですのでとても気になりますよね。

その症状としてはまず嘔吐をしたり、ひどい場合には腹痛を起こし下痢をします。

さらにひどい場合は痙攣や息が荒くなって息苦しい様子を見せますのですぐに動物病院にかけつけましょう。

大型犬よりも小型犬はとくに血液の量が少ないことから、トマトの食べさせすぎには十分気をつけてあげましょう。

まとめ

犬にトマトを絶対に食べさせてはいけないわけではありません。

しかし適切な量を与えて、トマトの軸の部分や家庭菜園などの茎や葉を食べさせないようにしっかりと守ってあげることが大切です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク