妊娠中にトマトを食べると色白の女の子が産まれる。

この言い伝えの本当の意味とは?考えて見ました。

妊娠中 トマト 女の子 色白

妊娠中に必要な栄養分

大切な命を育てる為に、母体はバランスの良い食事を摂ることが大切です。

特にカルシウム、カリウム、ビタミンは取らないと母体だけではなく赤ちゃんも栄養不足になってしまいます。

妊娠中は悪阻などで食欲不振に陥りがちです。

全く食欲が沸かず何も食べられない。

そこで口当たりの良いトマトを妊娠中に良く食べていたら、色白の女の子が産まれたという例もあります。

ビタミンCの錠剤を飲んでいた女性の赤ちゃんは男の子でも色白だった例もあります。

この言い伝えは間違いでは無いかもしれません。

この言い伝えの根本には、妊娠中の母体を労わり、母子共に健康な出産を祈った心があり、その心から産まれた言い伝えだと言えます。

悪阻が強い時期は、買い物もままになりません。

惣菜売り場の揚げ物の臭いで吐き気がしたりします。

なので外出を控えるようになるので太陽の陽射しを浴びない。

当然肌、焼けないので肌の色は白くなります。

何も食べないと母体がもたない。

胎児にも栄養が行き渡らない。

それを心配した周りの人達が真っ赤に熟したトマトは栄養が高くビタミンCも摂れるし、口当たりが良いので食べやすい。

なので積極的に食べる事を薦めたのがきっかけなのかなと想像します。

色白の子が産まれる原因として考えられるのは栄養のある食事をせずにトマトばかり食べて、家の中にばかりいたら色白になるのも理解出来ます。

トマトのせいだけじゃなく妊娠中の妊婦の生活も関係があるかもしれません。

又、親から受け継いだ遺伝子も関係あるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

産まれてくる赤ちゃんが色白だろうが色黒だろうがそういう事は気にしなくていいレベルの問題です。

要は健康であること。

それが全てです。

そんな事より、トマトの持っている妊婦さんにも必要な栄養をたっぷり摂って頂きたいと思います。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク