トマトの賞味期限ってどのくらいでしょうか?

調べて見ました。

トマト 冷蔵庫 一週間 一ヶ月

トマトの賞味期限

トマトは追熟出来るので常温保存が出来ます。

買ってから一週間ぐらいが常温保存の目安となります。

完熟した赤いトマトを長く持たせたい時は、冷蔵庫にいれて保存してください。

保存方法についてですが、常温保存の場合も冷蔵庫で保存する場合もヘタをしたに向けて保存した方がいいそうです。

そういえばミカンやイチゴもヘタの部分は下を向いています。

これらの果物も一緒の理由で下を向いて置かれているのでしょう。

トマトは抗酸化作用や老化防止、血管の流れを良くするなどの優れた栄養が含まれていますので、老若男女問わずに食べたい果実です。

トマトが完熟して皮に張りが無くなってきたら、早めに食べましょう。

多量にあるのなら、トマトペーストにして冷凍すれば一ヶ月は持ちます。

そのまま冷凍しても使えます。

この場合は洗ってヘタを取った状態でラップや保存袋、保存容器で冷凍します。

トマトは入っていた容器がフタが付いているならそのまま使えば経済的ですね。

トマトは冷凍すれば長期保存可能です。

トマトソースは色んな料理に使えます。

パスタ料理ならミートソースやジェノベソースに、スープ、鍋、ラザニア味噌汁にトマトケチャップを一滴垂らすとアミノ酸効果で美味しいと聞いた事があります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、調べて来ましたようにトマトには賞味期限はありません。

ただ大体買ってから一週間は常温保存でも冷蔵庫保存出来ますし、冷凍すれば一ヶ月と食べられる期間は長くなります。

いずれにしろ、トマトの場合、自分の感覚が頼りになります。

皮がブヨブヨして来ているようであればソースにしてしまうか煮込み料理に使います。

ミートソースならケチャップだけのソースよりトマトを利用した方が旨みは増えます。

また、トマトに含まれる「リコピン」は脂溶性ですので、ミートソースだけではなく鍋料理や煮込み料理にピッタリです。

栄養価の高いトマトを長期保存して料理に生かして使って下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク