トマトと言えば、赤。

ゆるがないイメージですよね。

ところが、最近いろいろなカラフルな野菜が出回っています。

食卓をにぎやかに彩ってくれそうな、オレンジや黄色いトマトも最近は目にします。

しかし!!!黒があるって、ご存知でしたか?

トマト 種類 黒

新鮮で黒ずんだトマト?

新鮮で黒ずんでいるトマト、傷んでいるわけではありません。

ロシアが原産地である、この黒いトマトは、もともと黒いのです。

黒いと言っても、真っ黒ではなく、黒ずんでいる感じ。

熟すにつれて、外見の黒味を増していきます。

切っても、中が黒ずんでいるため、知らなければ、

病気のトマト、それとも腐っているかと思ってしまうかもしれません。

しかし、味はトマト嫌いにも食べられるほど、

においや味が一般のトマトとは違う、食べやすいトマトだと言ってもよいでしょう。

野生のトマト、原種に近いそうで、見かけもワイルドなのでしょう。

トマトというと、夏野菜、太陽をいっぱい受けて育つ、と言った暑いイメージがわきますが、

さすが、ロシアが原産だけあるのか、栽培する時も冷涼な地域に向いているそうです。

黒トマトの成分は、赤のリコピン?

トマトと言えば、リコピン。

トマトの赤い色素に「リコピン」という成分が含まれており、

その成分は抗酸化作用が強く、作用においてはビタミンEの100倍以上!

とも言われています。

でも、黒トマトは、残念ながら赤くはないのですが、何と、

赤いトマトよりも、黒トマトの方がリコピンが豊富に含まれているのです。

さらに、黒トマトには、赤ワインにも含まれている、

アントシアニンという物質が含まれています。

このアントシアニンは、ポリフェノールの一種であり、

紫外線や化学物質による目の細胞のの損傷を防ぎ、

活性酸素による目の組織をダメージから守ってくれます。

また視力の改善や、生理不順の改善にさえ役立つ成分であるそうです。

スポンサードリンク

おしゃれな黒トマト

こんなに、栄養もあり、味もOK、珍しい外見まで備えている、

と来たら一度は食べてみましょう。

黒トマトのパスタのソース。

目をつぶって、想像してみて下さい。

ちょっと、箸がすすみませんね。

というより、フォークが。

初心者は、まず、フルーツ的な感覚で、サラダからいかがでしょうか?

グリーンサラダを敷いたお皿の上には、さっくとカットした、黒トマトに、

イチゴや葡萄、キウィなんかをおしゃれに盛り付け、ドレッシングをひと回しすれば、

既に家庭の食卓を通り越し、おしゃれなカフェではないですか!

まとめ

目先の変わった、黒トマトのお話、いかがでしたか?

味や調理法よりも、まずは、雰囲気から楽しみましょう。

家庭でも職場でも、話題作りにもってこいです。黒トマトで盛り上がりましょう。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク