にんじんの栽培は、発芽までが大変だと言われています。

発芽ができればすくすくと成長してくれるようなので、発芽を重点的に見ていきましょう。

にんじん栽培で最も重要となるのが播種時期です。

今回は播種の時期、また播種と雨の関係についてみていきましょう。

にんじん 播種 雨

雨が降った後がいい?

にんじんは播種が最も重要となっています。

播種し芽が出るとにんじんの栽培は半分成功といっても過言ではないのです。

では播種はいつ行うのがいいのでしょうか。

雨が降ってからがベスト

にんじんの播種は、たっぷり水を含んだ土で行うのがベストです。

雨が降った次の日の土なら水をたっぷり含んでいるので、播種に適しているといえるでしょう。

雨が降っていない日に播種する場合は、土に水撒きし土に水分をたっぷり含めてから播種を行うようにしましょう。

にんじんに乾燥は大敵!

にんじんは発芽率が低いです。

そのため発芽したら半分成功といっても過言ではないのです。

なぜ発芽率が低いのか…

それはにんじんが乾燥した環境では育ちにくいからでしょう。

雨が降った次の日に播種するのがベストなように、乾燥した土地ではにんじんは育ちません。

播種後は発芽するまで毎日のように水やりをしていかなければなりません。

スポンサードリンク

にんじんの播種方法

たっぷり水を含んだ土で行う必要があることが分かりました。

他に注意しなければならないところがあるのでしょうか?

にんじんの播種についてみていきましょう。

種は水につけておこう

たっぷりの水を含んだ土で播種を行うにんじん。

発芽までもたっぷりの水が必要になります。

そのため、播種前から一晩ほど種を水につけておきましょう。

そうすることで発芽しやすくなるそうです。

しっかり水気を切ってから播種を行うようにしましょう。

水やりのポイント

土が乾燥してしまったら発芽しないといわれています。

そのため欠かさず毎日水やりを行う必要があります。

しかしたっぷり水をあげすぎて種が流れでてしまったということもあるようです。

そのため水やりの仕方は工夫しなければなりません。

ホースの水で水圧が強いまま水やりをしないようにしましょう。

じょうろの口を上にして優しく水やりしてあげるといいでしょう。

範囲が広いと大変なので、初心者の方などは狭い範囲で栽培することをおすすめします。

まとめ

今回はにんじんの播種について紹介しました。

たっぷりの水が必要となるので、雨が降った次の日を狙うといいでしょう。

発芽できれば半分成功なので、発芽できるよう水やりをかかさず頑張りましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク