ここ数年、いろいろな健康効果があると認知されてきたトマト。トマトには様々な効能があり、一年中、気軽に手に入れることのできる、今大注目のお野菜です。

今回は、トマトにはどんな効能があり、どのように利用したらダイエット効果が得られるのかを調べてみました。

トマト ダイエット 効果 朝

トマトの栄養素

トマトには健康効果のある栄養素がたくさん含まれております。ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB26、ビタミンP、ビタミンHなどの豊富なビタミン類、セレンや鉄、カリウム、カルシウム、などのミネラル分のほか、クエン酸、リンゴ酸、アミノ酸、ルチン、ペクチンなどです。

なかでも注目されているのがリコピン。

リコピンには強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる、動脈硬化の予防、がんの予防、喘息の改善、美白効果、などがあります。リコピンは成長ホルモンの分泌を高めることで、基礎代謝をあげて脂肪燃焼へと導く効果や脂肪蓄積を抑制する効果が注目されています。

さらに、リコピンを含む抗酸化物質の血液サラサラ効果から、血行促進による代謝向上効果も期待できます。このことから、ダイエット効果が期待できるのです。

スポンサードリンク

トマトを効果的にとる方法は朝なの?

日本農芸科学会2015年の研究発表によると、ラットの実験において、リコピンの吸収量の実験をした結果、朝にトマトを摂取することがもっともリコピンを効果的に体内に吸収されることがわかりました。今後人でも同様の現象が起こるかさらに研究が進められております。

リコピンは生のトマトよりも、加工されたもの、熱を通したものの方が吸収効果がよく、油に溶けやすい性質から、オリーブオイルなどと合わせて利用することが効果的だと言われています。また、牛乳などの脂肪分によっても吸収率が高まります。また、夜に摂取すると良いと言われるビタミンCは、熱によって壊れてしまいますので、夜には生食で食べるのが効果的です。

まとめ

ダイエットに良いからとすぐに飛びつくのではなく、トマトの成分の性質をよく理解した上で、いつ、どのように摂取するとより効果的かを考えると、ダイエットの結果も変わってきそうです。同じことをするなら、知識を持ってダイエットに挑みたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事