最近、大きなスーパーに行くと、たくさんの種類のミニトマトが売られています。

色や形もそれぞれさまざまで、お値段も大きく幅があります。

ミニトマトにはどのくらいの種類があり、栄養やカロリーはどのように違うのでしょうか。

調べてみました。

トマト ミニ プチ 種類 カロリー

ミニトマトとプチトマトの違い

プチトマトというのは、もともと、ミニトマトの中の一つの商品名でした。

プチトマトは現在では人気が衰え、

市場では見かけなくなりましたが、愛称として残っています。

現在ではミニトマトもプチトマトもほとんど、同様の意味として捉えられているようです

ちなみに、「ミニ」は英語で、「プチ」はフランス語です。どちらも小さいという意味です。

スポンサードリンク

ミニトマト、プチトマトの種類

トマトの中でも40g未満のものを、ミニトマト、プチトマトと呼ばれます。

代表的なものでいうと、果肉が厚く、ゼリーの部分が少ないたまご型の「アイコ」。

1粒15gほどの小ぶりでフルーツのような感覚で味わえる「ぺぺ」。

もも太郎をもとに生み出された品種で、糖度も高く、果肉が厚く、丸型の「ココ」。

ココとペペを掛け合わせた栄養価の高い「千果」。

香りにアロマ効果もある「ピッコラルージュ」。

黄色くフルーツのような甘さと、カロチンを豊富に含む、「イエローミニ」。

オレンジ色をした実の形が美しい「オレンジキャロル」。

熟しても緑色をしていて、サラダやピクルスにすると良い「みどりちゃん」。

赤紫色の抗酸化作用のある「トスカーナバイオレッッド」。

重さが15g〜20gの大粒で赤黒い色をしたコクのある味わいの「ブラックチェリー」。

その他に、「スイートミニイエロー」「フルーティ美味」「オレンジバルチェ」

「リェリーゴールド」「ピッコラルージュ」「ピッコラカナリア」「キャロルクイーン」

「イエローキャロル」「イエローミミ」「シュガリー」「オレンジキャロル」

「キャンドルライト」などなど、他にも種類はたくさんあります。

ここにご紹介しただけでもそれぞれ、糖度や甘み、酸味、形、色、大きさ、

栽培方法、育てやすさが全く異なります。

まとめ

これだけの種類のあるミニトマト、プチトマト。

少し興味が出てきたら、色々と食べ比べてみて、自分のお気に入りを決めたり、

お料理によって使い分けたりできるようになると、ちょっとした自慢になりますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク