トマトの酸味が苦手でトマト嫌いのかたもいらっしゃると思います。

今回はその成分の正体と酸味を消す調理方法についてです。

トマト 酸味 成分 苦手

トマトの酸味の正体は?

トマトの酸味は魅力の一つでもありますが、トマト嫌いのかたにはその部分が苦手だという声も多いです。

トマトの酸味の成分の正体はクエン酸なのです。

このクエン酸はフルーツなどにも含まれている成分です。

しかもトマトは90%クエン酸で出来ているので酸味がないトマトはないと言ってもいいぐらいです。

トマトの酸味はどうやったら消えるの?

酸はアルカリによって中和されるという性質がありますので、その原理を利用してトマトスープを作るときには微量の重曹を入れると酸味が甘みへと変わります。

お鍋で煮込んだトマトスープの火を止めて重曹を入れると粟がたくさん出てくるのでその泡をかき消すように混ぜてしまえば酸味は消えています。

その他の方法としてはトマトのホール缶を水分が飛んでしまうぐらい煮込み、炒めていくと酸味が飛んで甘みが強く出てきます。

それでも酸味が気になる場合はコンソメなどを入れると気にならなくなります。

人参やセロリやにんにくなどの香味野菜をみじん切りにしてトマトと炒めると、酸味が消えるので是非ためしてみてほしい調理方法です。

スポンサードリンク

オリーブオイルとは相性バツグン!

アルカリ性の食品との組み合わせはトマトの酸味を消す方法の一つです。

中でもオリーブオイルは絶妙な組み合わせです。

オリーブオイルのアルカリ性とクエン酸がぶつかれば、酸味が減ります。

キノコ類でも同じことが言えます。

またトマトは脂溶性なので、オリーブオイルと一緒に摂取すると栄養素の吸収率もあがる理にかなった食べ方なのです。

マヨネーズやドレッシングなどでも吸収率はあがります。

まとめ

トマトに砂糖を加えて煮るという方法もそのままよりは酸味を抑えることができますが、逆に酸味をかんじやすくなることもあるので苦手な方は気をつけるべき調理法ですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク