トマトは妊娠中に食べては良くないという話は聞いたことがありますが、その理由というのはあまり知られていません。

妊娠中はトマトを食べてはいけない理由と、離乳食としてトマトを食べさせる際の注意について調べました。

妊娠中 つわり トマト 何故 ダメ

妊娠中にトマトを食べてダメな理由

妊娠中に食べてダメな野菜は、トマトだけではなく夏野菜全般がダメとされています。

その理由になっているのが、身体を冷やしすぎると内蔵の働きが悪くなり体調を崩しやすくなるからという理由がありました。

夏野菜にはナスやキュウリ、ピーマン、トマトなどがあります。

水分が多く含まれているものもあり夏場の貴重な水分を補給してくれる野菜で体温を下げてくれる効果もあります。

体温が下がると内臓が弱ってしまうので、妊婦にはあまり良くないのですが火を通すことで解決します。

特にトマトの場合は栄養が豊富に含まれており、葉酸やリコピンなどが豊富に含まれていて健康に良いとされる野菜ですので妊婦にはピッタリな野菜です。

食べ方に注意

トマトは妊婦にも良い野菜ではありますが、食べ方には注意が必要です。

加熱して食べることで、内蔵の冷えは抑えることができますが他にも注意したほうが良いことがあります。

一つ目はよく洗って食べることです。

農薬は身体に影響のない範囲で使っていますが、体内の赤ちゃんに与える影響は未知数です。

そのために、まずはよく洗って食べるようにしましょう。

二つ目はドレッシングや塩分を使いすぎないようにすることです。

塩分のとりすぎは、妊娠高血圧症候群という病気になってしまう事があります。

つわりの際は、食欲がなくなると言います。

そういう場合はトマトジュースを飲むだけでも効果があるそうです。

スポンサードリンク

赤ちゃんにトマトを食べさせても平気なのか

栄養が豊富で健康にもよいトマトは赤ちゃんに離乳食として与えても問題ないです。

ただし食べさせる量はある程度調節が必要です。

離乳食として食べさせていい時期は5~6ヶ月ぐらいになってからだそうです。

食べさせる際には小さくしたり火を通して柔らかくして食べさせるようにしましょう。

皮を剥くと火の通りも良くなり食べさせやすくなります。

まとめ

食べる際にはよく洗って、火を通すと良いとされています。

離乳食として赤ちゃんに食べさせる場合は、皮は固いので剥いてあげてから、柔らかく小さくして食べさせてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク