野菜の皮には栄養があると言われていますが、トマトの皮も例外では無いのでしょうか?

トマトの皮をむく場合は、スープなどに使うときに剥いていますが、どのようにして皮を剥いたらよいのでしょうか?

そんなトマトの皮について紹介していきます。

トマト 湯むき 何故 理由

トマトの皮は何故剥くのか?

トマトの皮は必ずしも剥かなくても良い野菜です。

栄養も含まれていますのでそのまま皮付きで食べても問題ありません。

トマトの皮を剥く理由としては、見た目が悪くなってしまったり、食べている時に、皮だけが残ってしまうという問題点があるからです。

また、皮を剥くことにより、ドレッシングなどの調味料が絡みやすいというメリットもあります。

皮を剥いたほうが良いのは、加熱をした時に良い料理の時です。

皮がついたまま煮込んでしまうと、皮が裂けて自然に剥けてきますが、その際に皮がどこかに行ってしまい食材に挟まって取りにくくなってしまうという事や、トマトの形を崩したいのに崩れてくれないといった場合があるので、先に皮を取り除いたほうがよいでしょう。

トマトの皮の剥き方

トマトの皮を剥く方法はいくつかありますが、一番有名で簡単なのが熱湯を使った方法です。

やり方は簡単で、熱湯の中にトマトを入れて冷やすだけです。

トマトによって入れておく時間は異なりますが、通常のトマトであれば10秒もあればきれいに皮を剥くことができます。

皮の硬いミニトマトなどはもう少し長いほうが良いです。

熱湯に入れたあとは冷水で冷やすときれいに皮が剥けてきます。

他にも、切れ目を入れて電子レンジで温めたり、直接火で炙ったりといった方法でも簡単にトマトの皮を剥くことができます。

スポンサードリンク

スープやソースの作り方

トマトの皮を剥いて料理をする場合は、スープや煮込み料理が多くなります。

ミニトマトでサラダを作る場合などにも皮を剥くとドレッシングが絡みやすくなるのでオススメです。

スープを作る場合は、トマトを角切りにすることがあるので、まずは皮を剥いておくと出来上がりに皮が混じらないので見た目も味も良くなります。

また最初から煮込むのではなく炒めたほうがより味が出ます。

コンソメやタマネギ、ベーコンなどを加えて炒めたあとは水を少しとトマトジュースを入れて、水分が半分ぐらいになれば塩コショウで味を整えれば完成です。

更に煮込めばトマトソースなどにも使うことができます。

まとめ

トマトは皮を剥いて食べなくても良いですが、料理によっては剥いたほうが良いです。

剥く場合は、熱湯に10秒ぐらい浸してから冷水で冷やすと簡単に剥けます。

皮を向いたトマトは、煮込み料理やスープ、トマトソースに使えます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク