ピーマンって買って冷蔵保存するのは良いけど、すぐにふにゃふにゃになってしまうんですよね。

しかも、切りにくくなったりするのでちょっと厄介なんですよね。

また、ピーマンを使う時の下ごしらえって一番どんなやり方がいいのかも悩みますよね。

私も結構適当に下ごしらえしているので、苦味が強かったり青臭さが残ったりとしてしまうのに悩んでいます。

そこで冷凍のやり方と下ごしらえのやり方を調べてみました。

ピーマン 冷凍 下ごしらえ

ピーマンの冷凍の仕方

ピーマンを冷凍する時ってどうやればいいか分からないですよね。

実は、ピーマンは生のまま冷凍しても大丈夫みたいなんです。

やり方としては、ピーマンを良く洗ったら水気をキッチンペーパーなどでしっかり拭き取って、調理法に合わせて好きな形に切るんだそうです。

そうすると、料理する時に時短になって楽になるみたいですよ!

また、みじん切りする場合はラップで小分けしておくと良いみたいです。

あとは、冷凍用のジップ付きの袋や密封容器などに入れて冷凍すれば大丈夫。

ただ、ピーマンが大きいものは茹でるか電子レンジなどで加熱してから冷凍すると良いみたいですよ!

冷凍のコツとして、種やワタは綺麗に取るとことだそうです。

解凍する場合は、電子レンジで解凍して加熱するようにすると料理の時短にもなって良いそうです。

もちろん、凍ったまま使っても平気みたいですよ。

スポンサードリンク

ピーマンの下ごしらえのやり方

ピーマンのヘタを取って、中のワタと種を綺麗に取り除きます

(綺麗に取り除くと苦味が抑えられるみたいです!)

そしたら、料理に合わせて切ってザルに入れたら、上からまんべんなくお湯をかけるんだそうです。

そうすることによって、苦味や青臭さが抑えられるみたいです!

また、皮が苦手!!という方は、ワタと種を綺麗に取り除いた後に、表面を軽く炙ると剥けやすくなって良いみたいですよ。

まとめ

ピーマンの冷凍の仕方は生のまま、ワタなどをしっかり取って料理に合わせて切ってから密封容器などに入れて冷凍すればいいことが分かりました。

また、下ごしらえもワタなどしっかり取った後に熱湯をかけることによって、苦味や臭みが抑えられるということも分かり、ピーマンが苦手な方でも食べれそうなひと手間ですよね。

フニャフニャになる前に冷凍保存して、料理する時は下ごしらえもしっかりやって調理していきたいですね。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク