妊娠中のおやつや間食として毎日トマトを食べるとどうなるのか、調べて見ました。

妊娠中 おやつ 間食 トマト 毎日

栄養

トマトは大変栄養価が高いです。

妊娠中に食べると血行を良くし、便通を整え、むくみを解消したり、ストレス解消効果もあります。

体調の変化で食事が喉を通らない人にはトマトは栄養価が多いのでお薦めできます。

でも毎日毎日トマトではどうでしょうか?

間食やおやつとしてスナック菓子を食べるよりは栄養バランスも摂れます。

毎日毎日トマトだけというのは栄養の面からもお薦めは出来ません。

なぜなら、トマトに含まれるビタミンAは過剰摂取すると催奇形性を持つからです。

ビタミンAはヒトには必要な栄養素であり、不足すると夜盲症、角膜乾燥症などの病気になってしまいますし、生殖機能の維持や目の機能の維持、皮膚や粘膜の保護、成長促進が出来なくなります。

ビタミンA不足による奇形の方が問題視されている位です。

トマトは甘いおやつの変わりに食べるといいです。

体重が増えすぎてはいけないので、少しなら栄養補給として食べても大丈夫です。

スポンサードリンク

まとめ

妊娠中にトマトを毎日食べていたという人は沢山いるようです。

皆さん、元気な赤ちゃんを産めたようです。

間食にするならトマトをスライスしてチーズを乗せてグラタン風にして食べるのは如何でしょうか?

ちょっとオリーブオイルをかけて焼けば脂溶性のリコピンの効果と乳製品のカルシウムも一緒に取る事だ出来ます。

おやつや間食は、三度の食事で摂れなかった栄養を摂るのがお薦めです。

体調が優れない事も多い妊娠中は何より食べられるものを適量食べることが大切です。

少しぐらい献立が偏っても大丈夫です。

あんまり栄養バランスを気にし過ぎるのも良い結果を産むどころか却ってストレスを産む結果になってしまいます。

赤ちゃんとお母さんの健康維持のためにトマトを活用してください。

妊娠中は少しずつ毎日食べて頂いてもいいですが、他のものも一緒に食べて下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク