おひさまを沢山浴びて真っ赤に熟れたトマトは大変美味しく、力が沸きそうです。

トマトはリコピン効果で抗酸化作用や活性酸素除去作用、美肌効果と嬉しい効能があるのですが、結構糖質も含まれています。

トマト 食べ過ぎ 砂糖 糖質 太る

砂糖と同量

トマトは生活習慣病予防に、美白、ダイエットに良いとの評判なのですが食べ過ぎると太る結果になってしまいます。

トマトは見た目よりもずっと糖質が多いからです。

トマト一個当たりの糖質は5.5g、グラニュー糖のスティック型のものを思い出すとかなり多く、カロリーも高くなっています。

トマトは適量を食べると栄養効果を期待出来ます。

妊産婦から育ち盛り、働き盛りの病気予防に是非とも摂って欲しい食材の1つです。

スポンサードリンク

次にトマトの加工品についてですが、市販のジュースには塩分が含まれているものもあります。

塩分の取り過ぎは高血圧になる心配があります。

トマトジュースは無塩のものを選ぶといいでしょう。

ドライフルーツにも注意が必要です。

砂糖を加えているものもあります。

ドライフルーツは自分で作るといいですね。

薄くスライスしてざるに乗せて天日干しにして下さい。

無添加なので安心です。

まとめ

美白効果や生活習慣病予防が期待出来るトマト。

見るからに元気モリモリ沸いてきそうです。

美味しいから、又、栄養効果を期待するあまり量を越してしまうと逆効果だと言う事が分かりました。

トマトやジュースを飲むときは糖質、塩分に注意が必要です。

特にダイエットを目的にジュースを飲む際、食事の代わりとして飲むのは止めて下さいね。

必ず食事と一緒に摂るようにして下さい。

置き換えダイエットにジュースを利用する方法もあるようですが、これは危険です。

他の食材も摂りつつジュースを飲むことで栄養効果も高まります。

トマトの栄養効果を最大限に生かすために、くれぐれも過剰摂取しないようにご注意下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク