トマトは、医者が青くなると言われているほど健康には良い野菜です。

しかし、どんなに健康に良いとはいえ食べ過ぎは身体に害を及ぼします。

食べ過ぎる事で下痢になってしまったり命に関わる症状になってしまうかもしれません。

トマト 食べ過ぎ ダメ 害 下痢

トマトは健康に良い野菜

トマトにはビタミンやミネラル、リコピンという成分が含まれておりリコピンは野菜の中でも最も多く含まれています。

トマトには、生活習慣病の予防や、胃の働きを助ける効果があったり、疲労回復効果や二日酔いや酔い覚ましにも効果があります。

妊娠している人にはトマトはあまり良くないと言われていますが食べ過ぎが良くないというだけで疲労回復とかビタミンやカリウムがもたらす効果は、妊婦に良い効果があります。

美容効果もあり、リコピンによるシミなどの紫外線対策や余分な活性酸素を除去する効果があるので、肌や血液の流れにも効果的です。

一時はトマトを食べることでのダイエットも流行っていました。

食べ過ぎはダメ

健康に良いとされているトマトといっても食べ過ぎは良くありません。

適量をしっかりと食べることで健康に良い効果があるのです。

トマトの適量は、Mサイズのもので1日2~3個ぐらいが適量とされています。

また、生食だけではなく加熱処理や加工を行ったトマトを食べ分ける事も大事です。

加熱をすることで、ビタミンは破壊されてしまいますが、リコピンの吸収率は上がります。

スポンサードリンク

トマトを食べすぎると下痢になる?

トマトは漢方医学というもので見ると身体を冷やしてしまう効果があるそうです。

身体が冷えてしまうと胃などの内蔵が弱ってしまい、下痢になってしまいます。

対策としては、スープやケチャップなど加熱をすれば内蔵も温まるので下痢にはなりにくくなります。

下痢になる原因として、アレルギーもあります。

トマトはナス科に属している野菜で、ナスのアレルギーがある人はトマトを摂取することでもアレルギーの反応が出てしまいます。

アレルギーによる拒否反応で口の周りが痒くなってしまったり、下痢になってしまうことがあるそうです。

まとめ

トマトは健康に良い野菜です。

しかし、食べ過ぎると健康を損なうこともあります。

加熱をして食べれば下痢を防ぐことはできますが、アレルギーをもってる人は加熱をしても効果ないので摂取は控えたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク