トマトが赤くなると医者が青くなるということわざがイタリアにあります。

意味は、トマトが熟す時期になるとトマトの摂取する量が増えて、みんなが健康になって医者の活躍する場所が減ってしまうという意味です。

それぐらいトマトには健康に良い効果があるとされているのです。

また、ダイエットにも効果的だとも言われていてトマトダイエットなども流行りました。

トマト 食べる 時間 効果

トマトに含まれる栄養

トマトにはいろいろな種類があります。

ミニトマト、フルーツトマト、ミディアムトマトなど大きさや味によって名前が変わってきますが、栄養素の種類にはあまり違いはありません。

通常のトマト1個分(Mサイズ)に含まれている栄養にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、中でもリコピンという成分は野菜の中でも最も多く含まれています。

カラダにどんな良い効果があるのか?

トマトは、健康に良い食べ物です。

特にリコピンという成分には抗酸化作用があるとされていて、ビタミンEやβカロテンよりもはるかに効果があるとされています。

抗酸化作用には、血管や血液が酸化するのを防ぎ、動脈硬化を予防する効果や、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血液がサラサラになるなどの酸化に対する効果があります。

また、体内で生産された活性酸素を調整し、多く作られた分を減らす効果もあり、ほかの細胞が傷つく事を防ぐ効果もあるとされています。

スポンサードリンク

食べると良い時間と量

健康のためにトマトを食べること自体は良いのですが、食べ過ぎには注意が必要です。

トマトに含まれているリコピンには血液の循環を高める効果があり、食べることで血行がよくなりカラダを温める効果もあるのですが、生食のまま食べ続けると、逆にからだが冷えてしまう効果もあるそうです。

冷え性や妊婦の人は、トマトを食べる際には、加熱や加工を施した食品を食べるか、生食の量を減らすほうが良いですね。

夜トマトダイエットなどが一時期ブームになりました。

食べる時間帯によって効果が変わるものもありますが、生活のスタイルによっては朝に食べるほうが効果的な場合もあります。

夜に食べると良いのが、生食で食べる場合です。

トマトは食べてから吸収されるまでに数時間かかるので、活動をあまりしないで時間に余裕のある夜の時間帯は、生食で食べるのが効果的です。

朝に効果があるのが、加熱処理をしたトマトです。

トマトに含まれるビタミンは熱によって壊れてしまうのですが、リコピンは加熱した場合、吸収量があがり即効性が出ます。

そのため、活動する事が多い時間帯に効果を発揮することができます。

まとめ

トマトは医者も驚くような健康に良い栄養を含んでいる野菜です。

食べることで、抗酸化作用が高まりいろいろな病気を防ぎ、美容やダイエットにも効果がある。

食べると良い時間帯は生活習慣によって違い、活動時間の多い場合は加熱したものを食べて、活動時間が短い時間帯は生食のものを食べると効果的です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク