トマトは栄養が豊富に含まれています。

その栄養の中には、紫外線予防に効果のあるものや、夏バテ対策になるものもあります。

トマト リコピン 紫外線 夏バテ

トマトに含まれている栄養

トマトにはいろいろな栄養が含まれています。

代表的な栄養にはリコピンや、リンゴ酸とクエン酸、ケルセチン、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどがあります。

リコピンはシミやシワなどの原因となる活性酸素を抑えてくれる抗酸化作用という効果があり、美肌のためには欠かせない栄養です。

ケセルチンというのはトマトの皮に多く含まれている成分で、血管を頑丈にする働きがあり、動脈硬化などの病気の予防になるとされている栄養です。

紫外線対策に効果的

リコピンは紫外線対策にはピッタリの栄養です。

紫外線によって起こる炎症や肌へのダメージや、シミとなる原因のメラニンを減少させる効果があります。

紫外線には肌に悪い影響を与えます。

肌の表面には直接炎症を与えて、肌がカサついたりゴワゴワしたりといった影響を与えます。

肌の内部にも紫外線は入り込んできます。

それにより、活性酸素を刺激し、シミの原因となるメラニンを活性化させてしまいます。

リコピンには、抗酸化作用という効果があり、活性酸素の発生を抑えることができます。

スポンサードリンク

夏にはトマトを食べると良い

紫外線の対策にも欠かせないリコピンは、トマトに多く含まれています。

夏場には紫外線以外にも体温が上昇することにより夏バテにも注意が必要です。

トマトには紫外線対策の効果以外にも体温を下げたりするという夏バテ対策にも効果があります。

トマトが何故夏バテ対策になるのかというと、トマトには酸味が含まれています。

リンゴ酸とクエン酸という酸が含まれており、疲労回復や食欲増進の効果があり、夏バテを予防してくれます。

トマトには他にも水分が多い事や漢方医学的に体温を下げるという効果もあります。

食べ過ぎると、下痢や内蔵が弱ってしまうというデメリットもありますが、加熱処理をして食べる、ジュースにして食べるなど加工をした上で適量を食べることでデメリットを回避することができます。

まとめ

トマトには健康のためには欠かせない栄養素がはいっています。

特にリコピンは紫外線対策や疲労回復、夏バテ予防に効果があり、夏場にはピッタリの野菜です。

ただし、食べすぎることでデメリットもあるので適量を食べること。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク