離乳食初期の食べ物の代表としてトマトがあります。

食べさせやすく手軽に手に入りママ達の味方の離乳食。

初期段階で食べさせる食品なのですが、そんなトマトにアレルギーがあるのはあまり知られていません。

トマト アレルギー 下痢 離乳食

トマトにもアレルギーがある?

一般的に赤ちゃんのアレルギーといえば、卵や小麦などを注意しているお母さんもいると思いますが、実は野菜にもアレルギーがあります。

さらに離乳食初期に勧められるトマトにもあるのはちょっと驚きです。

アレルギー症状の現れ方としては、口の中、口元、唇などにかゆみや湿疹が出てきます。

他には蕁麻疹、下痢なども出ることがあります。

小さいお子さんはあまりかゆいという事が伝えられないと思います。

そんな時下痢で症状がでる場合があります。

トマトを食べてこういう症状が出る場合アレルギー症状の疑いがあります。

離乳食のトマト

赤ちゃんがトマトを食べる時期というのは大体生後5~6ヶ月の離乳食初期から与えても大丈夫な食材です。

ただこの時期でも生ではなく茹でる・煮るといった加熱処理が必要になります。

皮を剥かずそのまま食べれるのは1歳超えてからとされています。

なので、トマトを食べて下痢をした場合、食べ方を今一度見直しましょう。

まだ、早かったのか、きちんとすり潰せてなかったのか、生でなかったのかとかです。

そして口の周りも確認しましょう。

トマトアレルギーは口の周りに湿疹が出やすいので注意してあげます。

トマトケチャップなどもアレルギー症状はでます。

基本的に濃い味付けが赤ちゃんには向きませんので離乳食に使用しないことが多いですが、このような加工品の製品にもいろいろなものが含まれています。

トマト以外の成分に反応する場合もありますのでできれば離乳食で使う際には一歳を過ぎて2~3倍に薄めるという事が大切です。

スポンサードリンク

アレルギー反応の見分け方

一年中出回っているトマト。

離乳食にも使われ大人もいつも食べると言っても過言ではないトマトです。

トマトアレルギーの人はもちろん下痢になるのですが、実はトマトは下痢体質の人は内臓をとても冷やしやすい野菜なのでアレルギーがなくっても身体が冷えて下痢になるパターンもあります。

トマトを食べて下痢が続く人は胃腸が低下しているので冷やすもとになる野菜は避けた方がいいでしょう。

夏野菜のトマトはもともと暑い夏を乗り切るための野菜です。

なので冷やす成分があります。

トマトを食べる場合は煮込み料理など暖かくして食べるのがおすすめです。

しかし、トマトアレルギーの人は煮込んだとしてもアレルギー症状や下痢を引き起こしかねないのでどういう食べ方をしてもトマトに反応しているという場合はトマトアレルギーを疑ったほうがいいでしょう。

まとめ

トマトはとても手軽で一年中ビニールハウス栽培で食べられますが、夏野菜。

夏野菜は身体を冷やす野菜という事を念頭に置き、それでもトマトを食べた後下痢が続くという事であればアレルギーかもしれません。

特に離乳食期は大切な時期です。

しっかり見極めてあげましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク