緑黄色野菜の赤の代表、トマト。

最近はダイエット効果、美容に、美肌にと注目されています。

若返り、アンチエイジング効果や癌予防までえ。

さまざまな健康効果が期待できるうれしいトマトなんですが。

トマトには血糖値を上げたり、下げたりする効果はあるのでしょうか?

トマト 血糖値 下げる 上がる

美容と健康に役立つトマト

トマトは、近年、健康に多大な効果があると、さまざまな研究が進められています。

その代表的な成分、リコピンには、抗酸化作用が強く、その作用はビタミンEの100倍以上あり、肌のシミ対策、シワ対策、日焼け予防、角質層状態の改善や眼下のシワの改善など、嬉しい効果がいっぱいです。

美容に良いだけではなく、糖尿病・動脈硬化、癌、肺気腫の予防や抑制にも役立つとも言われています。

また、メタボ対策にも、トマトに含まれる、13-oxo-ODAという成分が肝臓の脂肪を燃焼させ、中性脂肪を減らしてくれる、ダイエット効果まであるということ。

カゴメ株式会社総合研究所は、近畿大学農学部の村上哲男教授との共同研究で、動物試験においてトマト漿液に、血糖値や血圧の上昇を抑制する効果について発表しました。

トマトが血糖値に及ぼす影響

特に糖尿病患者さんには、気になる血糖値のお話です。

トマトには、血糖値を下げる効果はあるのか?それとも、血糖値を上げてしまう?この疑問は、カゴメ株式会社と近畿大学の共同研究で明らかになりました。

トマトには血糖値を下げる効果、及び、血糖値や血圧の上昇を抑制する効果があるとのことです。

また、トマトにはクエン酸やアミノ酸などの健康成分が豊富に含まれ、血糖値の上昇を抑え、インスリン抵抗性の改善にも効果があるということも発表されています。

スポンサードリンク

血糖値上昇を抑えるトマト

さらに名古屋大学では、トマトジュースの飲用により、HbA1c値の低下、糖尿病合併症の発症を低下、その進行を食い止める効果があったと発表されています。

(2型糖尿病患者の健康管理-血糖値の改善効果に果たすリコピンの役割-)

そのほかにも、近畿大学、村上哲男教授によると、トマトはインスリン抵抗性を改善することで血糖値の上昇を抑えていることが考えられるとコメントされています。

トマトを摂取することにより、インスリン抵抗性による糖尿病や高血圧を防ぐことが期待できるそうです。

まとめ

医食同源とは、まさにこのことですね。

昔の人々は、知恵深く、「食」と繋がって暮していたのかもしれません。

私たちも、病を予防する段階において、毎日の食事にトマトを取り入れることで、医者要らずの健康な体を心掛けましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク