赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても、離乳食は初体験。

私たち、成人の食事の準備でさえ、毎日のメニューをバランス良く、

おいしく、たまにはいつもと違ったものも取り入れたいですよね。

食材やメニュー、季節に合ったものを取り入れて、

案外、大変で手間がかかりすぎると、

子育に忙しいお母さんのストレスになってしまいがちです。

トマト レンジ 離乳食 栄養

栄養満点トマト

離乳食、初期から中期にかけての赤ちゃんは、

一度の食事に多くの量を食べるより、少しづつ与えることが良いとされています。

手軽に使えるトマトは、さまざまな栄養成分が豊富な緑黄色野菜の赤の代表選手です。

彩りも美しく、風邪予防に役立つビタミンC、

皮膚や粘膜の保護に役立つビタミンE、

体内に蓄積された塩分の排出を助けるカリウム、

腸内環境を整える食物繊維などをバランス良く含んでいます。

更に、抗酸化作用を持つリコピンやβ-カロテン。

最近よく耳にする、リコピンの抗酸化作用は強力で、

β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。

このトマトを、レンジを利用することで、離乳食の手間が省けながら、

おいしい一品を準備することができるんです。

レンジで下ごしらえ

口当たりが悪く、固い皮。

トマトの皮が赤ちゃんにとっては、大人が感じるよりも、もっと固く、

おかしな物が口に入ってきたと、相当な不快感を感じるかも知れません。

また、皮や種のようなものは、まだ消化できないため、

そのまま便に出てきて、消化機能に負担をかけてしまいます。

こんなときにも、レンジを使って手軽に処理していきましょう。

方法はいたって簡単。

トマトのレンジの下手と正反対の部分、

つるっとした部分に包丁で十字の切り込みを入れましょう。

あとはレンジで一分程度おまかせです。

熱くなったトマトは、簡単に皮を剥くことができます。

スポンサードリンク

電子レンジで焦がさない?

赤ちゃんの離乳食は、一度の量がごく少量であるので、

温めるときにお鍋で焦がしてしまった、蒸発して量が減ってしまったりすることがあります。

作り置きしておいた離乳食や凍らせておいたものも、

解凍や温めは電子レンジを利用すると、洗い物も減らすことが出来、

手間要らず、時間の節約にもつながるのです。

まとめ

離乳食からすでに、赤ちゃんの嗜好・食習慣の基礎をつくる大切な時期が始まります。

栄養の高いトマトを利用し、調理するときもレンジを上手に利用し、

手間を省きながら、楽しいお食事タイムを過ごしてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク