暑い、とにかく、暑すぎる。

この暑すぎる夏を、どのようにお過ごしでしょうか?

エアコンをつけた涼しい家の中だけにいるわけにもいかず、

温度差の激しい外にも出るとなると、どうしても夏ばてをさけることは難しいですね。

こんな時にこそ、快適に猛暑を乗りきるためのアイデアを身近な所から探してみましょう!

トマト 夏バテ 効果 対策

しんどい夏ばてにはトマトが効く

猛暑による、疲れやだるさ、誰でも経験しているかもしれません。

この疲れやだるさと言った、夏ばて特有の症状、放っておくと、

吐気や下痢、日射病かと思ったら、熱中症で救急車にまで乗るハメに。

最近は、そんな話も、他人事ではありませんよね?

「食欲がない」「だるい」という症状から、

「動かない」「食べない」ということが続くと身体はバテてしまうしかないのです。

そこで、夏ばてに効果のある身近な食材で役に立つものはないかと探してみるとありました!

それは、トマト!

この、旬が夏でもあるトマトは全体の90%が水分で出来ているため、

ただ食べるだけでも水分補給につながります

また、汗をかくことで、体内のカリウムが汗と一緒にれ出てしまい、

体内のカリウムが不足がちになると、倦怠感や胃もたれなど、夏バテの症状が起こり得ます。

トマトには、カリウムが豊富に含まれているのです

夏の食卓にはトマト

イタリアでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがありほど、

健康に役立つ野菜として知られています。

イタリア料理には、パスタソース、スープ、サラダ、ピザにも、

トマトを使った料理が食卓に登場します。

カリウムを豊富に含むトマトは、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB、カルシウム、

鉄など、さまざまな栄養素も含まれています

毎日の食事から摂取することにより、健康的に夏を過ごせると思いませんか?

スポンサードリンク

独り暮らしにトマトジュース

良さそうだとは思っても、学生や忙しい社会人の独り暮らしにとっては、

なかなか料理も手間や時間がかかって、外食やインスタント食品も多くなるかもしれません。

そんな時にトマトジュースで代用するだけでも、トマトの恩恵をうけることができるのです。

市販のトマトジュースには、塩分が含まれているものが多いので、

成分表示をよく見て購入されることをお勧め致します。

まとめ

医食同源という言葉がありますが、日ごろの食生活も医療に通じると言った意味であります。

やはり、健康維持は日々の食事から。

毎日の食卓に、こつこつとトマトを取り入れて、猛暑を乗り切り、

夏ばてとおさらばしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク