夏野菜代表といってもいいトマト。

そんなトマトは家庭菜園が出来る野菜の代表としても人気がありますよね!

特にミニトマトなんかは、プランターで育てているお家も多くみられると思います。

けど、プランターで育てているのを見て、

「ミニトマトってそんなに簡単に育てられるのかな?

コツがあっても難しそう」と良く思っていました。

そこでミニトマトを育てるやり方ってなんだろうと思い、調べてみました!

家庭菜園 トマト やり方

トマトの特徴とは?

トマトは実は茄子科の植物で、高温多湿に弱い植物なんだそうです。

またビタミンCやカロテン、リコピンなど多くの栄養素を持っている野菜でもあります!

ミニトマトを育てるのに種と苗どっちがいい?

ミニトマトに限らず、他のトマトも種から育てるのと苗から育てると方法があるんです。

けれど、種から育てるのは難しくとても手間が掛かり、

温床の準備などをしないといけないです。

対して苗は、種に比べて手間が掛からず初心者の方にも育てやすいそうです。

苗を買う場合、春以降あたりから売り出されるみたいなので、

ホームセンターなどに行ってみるといいです!

ミニトマトを育てる時に気を付ける事とは?

・ミニトマトに最適温度は、昼間だと25℃前後で夜間は16℃~17℃です。

・水やりはやりすぎてしまうと、かん水の影響を大きく受けるので注意!

・育てるのに強い光は必要だけど、夏場に30度を超える環境になると実がなりにくい。

・連作障害というのがあり、4~5年は同じところでは育たないので、

もし連作する時は接き木苗がいいです。

(茄子科ともあるので同じように接き木苗で!)

ミニトマトの植え付けと収穫はいつ?

ミニトマトの植え付け時期 4月上旬~6月下旬ころ
ミニトマトの収穫時期 5月中旬~9月上旬ころ

ミニトマトの土づくりはどうやる?

ポイントとしては、排水性の高い用土で育てるのがいいです。

〇土の作り方〇

赤玉土6.5に対して腐葉土2.5にバーミキュライト1を混ぜて、

そこに4石灰(用土10ℓに対し10g)混ぜます。

植え付け1週間前になったら、

元肥(化学肥料は用土10ℓに対し10g~30gくらい)を入れて土の完成です。

スポンサードリンク

植え付けのやり方は?

ミニトマトの植え付ける時期は、

15㎝のポット育苗の場合は最初の花房が咲き始めた頃に行います

あまりのも早く植え付けてしまうと、

最初の生育が元気になりすぎてしまい異常茎が発生しやすくなります。

苗と苗の間隔は40㎝以上離して、植える所には必ず盛土をしておくと、

排水性が良くなり病気にもなりにくくなります

また、鉢土の5分の1が地面から出るくらいに浅く植えるのがコツだそうです。

プランターに植える間隔が狭い場合は、

最初の花房をお互いの苗に対して外側に向けて、

実が内側にならないように気を付けるといいみたいです。

ミニトマトの支柱の立て方と、脇芽とは?

まず支柱を立てるのは、植え付けして2~3週間してから、

主茎が大きくなっているを確認して、支柱に紐で主茎を結んでいきます。

ここでポイント!

必ずつぼみとは反対側に支柱を立てて紐を結ぶ!

ついでに水やりは少しで大丈夫です。

植え付けして1週間くらいし、3番目の花房が咲くまでは極力あげないで、

葉が丸くなってしまうくらいまで水やりは抑えるそうです。

脇芽とは側枝の根元にできる芽のことです。

これを取らないと、

実の付きが悪くなったり大きくならなかったりすることもあるみたいなので、

摘み取った方がいいみたいですよ。

脇芽取りする時は、晴天の午前中が最適!

また病気になってそうなものは、最後にやった方がいいですよ!

他の元気な苗にも感染してしまうみたいです。

追肥のタイミングは?

ミニトマトを育てるうえで、定期的に追肥を行うそうです。

そのタイミングとは・・・

1回目の追肥:最初の果房が膨らみ始めた頃

2回目以降の追肥:3週間に1回ぐらい

追肥の量は60cmのプランターなら約15gほど苗の周りにまいて、

土と軽く混ぜ合わせて、苗の根元に寄せるみたいですよ。

ミニトマトの収穫のやり方は?

実がヘタの所まで真っ赤になったら収穫時期になります。

収穫する時は房ごとの収穫はしないで、

一粒ずつ丁寧にヘタの上をはさみで切って収穫するといいみたいですよ。

房ごとに収穫してしまうと、

まだ収穫時期じゃないものまで取ってしまうかもしれないからです。

まとめ

いくらミニトマトは他の大玉などに比べて簡単だと言っても、

やっぱり土や肥料、

植え付けてからの作業と手間をかけてあげないと上手に育たないんですね。

それに毎年同じところに植えてもいいと思っていたので、

連作すると育たないことにも驚きました。

ミニトマトはいろいろ使うことも多いので、

調べたことを活かして、

私もプランターでミニトマトを家庭菜園してみようと思います!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク