トマトは色とりを良くするために使う人も多いと思います。

私もよくお弁当やサラダに重宝していますよ。

そんなトマトに付いているヘタって皆さんは取りますか?

それとも付けたままお弁当に入れたりしていますか?

中には取り忘れて入れてしまったという方もいると思います。

それにトマトのヘタには食中毒になる原因があると聞いたこともあります。

なので、私は取るようにしていましたが、本当なのかは知りませんでした。

そこで、トマトのヘタは取るべきなのか、

また取らないと本当に食中毒になってしまうのか、

もし食中毒になるならトマトは本当に食べれるのか気になり調べてみました!

トマト ヘタ 食中毒 食べれる

食中毒とは?

食中毒は夏の始まり(初夏)~秋の始まり(初秋)にかけて食中毒になりやすくなり、

その食中毒の大半は細菌性食中毒と言われているみたいです。

食中毒の症状って?

腹痛や下痢、嘔吐など胃腸炎と同じ症状になるそうですよ。

なので、家族や友人と同じものを食べて1時間以上~数日経ってから同じ症状が出たら、

もしかしたら食中毒になっているかもしれないので、病院に行ってくださいね。

スポンサードリンク

トマトのヘタで食中毒になる?

トマトのヘタで食中毒になるみたいです

けど、普段トマトに付いてはいるけど、ヘタ自体は食べないですよね。

では、なんでトマトのヘタで食中毒になるのか不思議ですよね。

実はトマトのヘタには食中毒の細菌がたくさん付いているんですよ

しかも、どんなに綺麗に洗ったとしても、

ヘタに付いている細菌は取れないんだそうです。

触ったからといってどうなるわけでもないみたいですが、

お弁当など長時間放置しておくものに、

ヘタを付けたまま入れてしまうと他の食材にも細菌が移って、

そこから食中毒になる場合があるんです。

トマトのヘタに食中毒の細菌があるとはいっても、

トマト自体には無いそうなのでヘタを取ってからしっかり洗って使えば問題ないみたいですよ。

あくまでヘタを付けたままにして出したりお弁当に入れたりすると食中毒になりやすいってことなんです。

まとめ

トマトのヘタには食中毒の細菌があり、

付けたままにすると他の食材にも付いて、

そこから食中毒になってしまうと考えると怖いですね。

でも、トマト自体には問題ないということでそこは安心しました。

どんなにサラダやお弁当など見た目をよくしたいからと言って、

ヘタを付けたままやらないよう気を付けたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事