1年を通してスーパーなどで手軽に手に入るトマト。

たくさんの栄養素が含まれているので、

ぜひ赤ちゃんにも食べさせてあげたいですよね。

しかし、トマトは皮をむいたり種を取ったり少し手間がかかり、

敬遠してしまうママも多いのではないでしょうか。

そんなママのために、トマトをまとめて冷凍保存するコツを紹介しましょう。

トマト 離乳食 中期 冷凍

下ごしらえの仕方

トマトの底に十字の切り込みを入れ、沸騰したお湯の中に入れましょう。

トマトの皮がめくれてきたら冷水につけて皮をむきます。

そして皮をむいたトマトをカットし、スプーンなどで種を取り除きます

そのあとに、赤ちゃんが食べる離乳食の大きさに切りますが、

離乳食の中期はみじん切りから、

粗みじん切りの大きさで赤ちゃんにあげるのが良いと言われています。

離乳食の中期は赤ちゃんが、

のみこむ練習からかむ練習を始める時期なので、

赤ちゃんの様子をみながら少しずつ形を変えていってあげてください。

これで下ごしらえは完了です。

冷凍保存の方法

トマトを切ったら、冷凍保存します。

冷凍保存をするには、製氷皿やフリージングパックに入れて保存しましょう

特に、製氷皿に入れておくと量を測りながら入れられるのでおすすめです。

冷凍したトマトの調理方法

冷凍した離乳食のトマトはレンジで温めるか、

他の食材と一緒に鍋に入れて、スープにしてみるのもおすすめです。

離乳食の初期から中期になると食べられる食材も増えるので、

色々な食材と合わせてあげるのもよいですね。

スポンサードリンク

家族みんなで同じ食材を

離乳食は大人と食べる形状が違うので、

どうしても赤ちゃんだけ別メニューになりがちですが、

今回紹介した冷凍したトマトは大人メニューにもアレンジすることができます。

サラダにいれたりパスタに使うことも出来るので、赤ちゃんと同じ食材が食べられます。

家族みんなで同じ食材を食べることで、

大人も赤ちゃんも安心して楽しく一緒に食べることができるのではないでしょうか。

まとめ

少し手間がかかりそうなトマトの離乳食も多めに作って冷凍しておくことで、

とても手軽に調理することができます。

栄養豊富なトマトを、ぜひ離乳食にもたくさん取り入れてあげてくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事