夏野菜の代表のトマト。

栄養価も高いので、ぜひ赤ちゃんに食べさせてあげたいですよね。

しかし、酸っぱいトマトだと赤ちゃんが食べてくれなさそう、

下ごしらえは難しそうだと考えるママも多いのではないでしょうか。

そんなママに、今回は甘いトマトの選び方や下ごしらえの仕方を紹介しましょう。

トマト 離乳食 いつから 下ごしらえ

離乳食のトマトはいつから食べられるの?

トマトは、離乳食の初期にあたる5、6ヶ月頃から食べることができます

1歳頃までにかけて、皮と種を取り除いてペースト状のトマトから徐々にみじん切り、

少しずつ大きな固形へと食べられるようになっていきます。

そして1歳を過ぎたあたりには大人と同じように皮と種を取り除かなくても食べられるようになります。

甘いトマトの見分けかた

スーパーでトマトを何個か持ってみてください。

そうすると、重さが違うことに気付きます。

軽いトマトより重いトマトの方が糖度が高いので、重いトマトを選びましょう

見た目は、トマトの底の茶色の点から白い筋のようなものが伸びているもの、

ヘタの周りが真っ赤でつるんとしているものが甘いトマトです。

スポンサードリンク

離乳食の下ごしらえの仕方

トマトの底に十字の切り込みを入れます。

そして切り込みを入れたトマトをお鍋に沸かした熱湯で温めましょう。

取り出す際に熱いので、切り込みにフォークなどを刺しておくと良いでしょう。

熱湯で温めると十字に切った皮がめくれてくるので、

皮がめくれてきたらすぐに冷水にさらします。

冷水にさらしたあと十字に切れた皮をめくると、つるんと簡単に皮がむけます。

そうしたらトマトをカットし、種をスプーンですくい取ります。

皮と種を取り除いたトマトを、ピューレ状にしたりカットしたりします。

これで、下ごしらえは完了です。

余ったトマトは冷凍保存できますので製氷皿に入れたり、

密封袋に入れ菜箸で1食分毎に区切っておくと便利ですね。

まとめ

離乳食のトマトは、皮をむいたり種を取ったり、

大変だと思うママもいるかと思いますが、

コツを覚えて冷凍保存などを上手に活用すれば、

とても手軽に食べられる食材です。

赤ちゃんの成長にとっても、

かかせない栄養素なのでぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク