トマトのおでんにぬか漬け?

驚いた方もいると思いますが、これが意外と美味しいのです。

今回は、そんなトマトのおでんとぬか漬けの作り方をご紹介しましょう。

おでん ぬか漬け トマト 時間 作り方

トマトのおでんの作り方

  • おでんのだしを作ります。おでんの素や、めんつゆなどを使うと簡単です。
  • おでんの具材を入れます。
  • おでんを煮ている間にトマトを別鍋で温めて、湯むきします。十字に切れ目を入れておくと皮がめくれてきますので、皮がめくれたら冷水にさらして皮をむくと、つるんと簡単にむけます。
  • おでんの他の材料に火が通ったら最後にトマトを入れてください。あまり煮すぎると、崩れてしまうので最後の仕上げに入れて、1分くらい温めたら出来上がりです。

トマト単品でも出来るので、

夜のおかずにもう一品というときにおでんの素と作れば、

短時間で簡単に作ることが出来ますね。

トマトのぬか漬けの作り方

  • トマトをよく洗って、ヘタをとります。
  • トマトに数か所フォークなどで穴をあけるか輪切りにして、ぬか床に漬けます。
  • 1日以上漬けてから食べると、よく漬かって美味しく食べられます。

ぬか床は市販のものもありますし、

切って漬けるだけなのでとても簡単にぬか漬けを食べることが出来ますね。

スポンサードリンク

女性におすすめ

トマトのおでんとぬか漬けは、特に女性におすすめです。

トマトにはリコピンが含まれているので、

抗酸化作用はもちろんのこと美肌効果があります

おでんにしてトマトを加熱することで、リコピンが吸収しやすくなったり、

体を冷やしやすいと言われるトマトですが、

加熱することで冷えからも解消することができます。

また、トマトのぬか漬けには植物性の乳酸菌が含まれていますので、

生きたままの乳酸菌が腸まで届いて腸内環境を整えてくれます

腸内環境を整えておくと、風邪の予防にもなります。

まとめ

トマトは一年中スーパーなどで、手軽に手に入れられる野菜です。

トマトに少し手を加えるだけで、健康だけでなく美容にも良い栄養が摂れるので、

工夫しながら積極的に取り入れていきたいですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク