安くておいしいもやし。

一度は家で育ててみようかなと思ったことのある方も多いはず。

今回はそんなもやしの育て方について調べてきました。

もやし 育て方 日光 温度

もやしの育て方

日光

もやしを育てる際に日光は一切必要ありません。

必要なのは水のみで、その水も定期的に変えてあげるだけで十分という非常に育てるのが簡単な食材です。

なぜならもやしはスプラウトというものであの種の中に成長に必要な栄養がすべて含まれているんです。

そもそもスプラウトとは豆類などの種子を人工的に暗い所で発芽させすぐに出荷しているもので、そのためもやしはある意味途中で成長を止めていると言えます。

なので、もやしは普通に日光の下でも問題なく発芽します。

ただ、その場合だと途中で鉢植えなどに植え替えてあげる必要が出てきますが、それさえきちんと行えば成長していくでしょう。

温度

もやしを育てる場合の適温は30度あたりです。

冬に栽培する場合は上に毛布やタオルなどを被せて温度を温かく維持してあげる必要があります。

スポンサードリンク

もやしの栽培においては水の管理は非常に重要になります。

瓶などの中で育てる場合は水をたっぷり入れてあげて一日に一回水を交換してあげるようにしましょう。

ザルで育てる場合はザルごと豆を水で洗って水気を切ったらザルごとポリ袋をかぶせるという作業を一日に三回ほどやってあげるとよいでしょう。

もやしは非常に成長が速く、約一週間ほどで収穫できてしまうため夏休みの自由研究に子供と一緒に育てるなんてのもおすすめです。

保存方法

そうして収穫できたもやしの食べ方はいろいろありますが、いずれにせよ、もやしは傷みが早い食材なので、出来るだけ早く食べるようにしてください。

保存の際は密閉した袋ごと冷凍庫に入れるか、水をはったタッパーに入れ冷蔵庫で保存するかしましょう。

後者の場合は2~3日に一回水をかえるようにしましょう。

まとめ

今回はもやしの育て方や保存方法などについて解説していきました。

日光がいらず、しかも自力で成長するというのが非常にけなげですね!

水を取り替えるのさえ忘れなければ簡単に育てられそうなので、私も育ててみたくなりました。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク