血糖値を下げる食べ物として玉ねぎを食べると良いと聞いたことがあります。

玉ねぎを食べて血液サラサラにというフレーズも何度か耳にしました。

高血圧や糖尿病にも効果的だそうですが、いったいどのように摂取すればいいのでしょうか。

玉ねぎ 高血圧 糖尿病 血糖値

玉ねぎの栄養

玉ねぎには、ケルセチン、硫化アリル、オリゴ糖、イソアリインなどの栄養素が含まれています。

ケルセチンには抗酸化作用が強く、悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。

血流を良くし、脂肪を燃焼させる効果もあるそうです。

硫化アリルは、玉ねぎを切った時に目が痛くなる成分で、血液をサラサラにし、ビタミンB1の吸収を促す効果があると言われています。

オリゴ糖やイソアリインは整腸作用や免疫力アップ、血栓をできにくくし、動脈硬化を予防する効果もあると言われています。

玉ねぎの効能

玉ねぎには、疲労回復、ダイエット効果、高血圧、動脈硬化、脳梗塞などに効果があるそうです。

玉ねぎの効能により、糖尿病患者の血糖値が下がった事例もあるようです。

ただ、玉ねぎを食べればよいというわけではなく、調理方法によっては玉ねぎの効能を得られない場合もあります。

玉ねぎが血糖値を下げる理由

玉ねぎを包丁で切ると目にしみて涙が出ることがありますが、この辛味成分を「イソアリイン」と言います。

このイソアリインが血糖値を下げるインスリンを働きやすくしてくれていると言われています。

インスリンが血中のブドウ糖を細胞に取り込む作用を促進する役目があり、血糖値を下げるそうです。

糖尿病の人だけではなく、血糖値の上昇を抑えたい人にもおすすめできる食材です。

スポンサードリンク

1日に必要な玉ねぎの摂取量は?

血糖値を下げるために1日にどれくらい玉ねぎを摂取することが必要かというと、大体1日に50g、中サイズの玉ねぎ約1/4個で十分だそうです。

効果的な食べ方

そのままスライスして生のままサラダにしても良いですし、炒め物に使っても結構です。

玉ねぎは加熱することにより甘みとコクが増します。

ただ、玉ねぎは水にさらしてしまうとその有効成分が溶け出してしまうため、スライスした玉ねぎは水にさらさず食べるほうが効果的と言えます。

まとめ

玉ねぎには様々な効果がある成分がたくさん詰まっていますね。

生活習慣病の改善にも役立てそうですので、できれば毎日摂取していきたいものです。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク