玉ねぎの栽培は、栽培期間が長く、肥料の与え方や時期などとても重要になります。

どのタイミングで肥料を与えていくかによって、玉ねぎの成長を大きく変えていくそうです。

玉ねぎの肥料を与える時期や量について調べてみました。

玉ねぎ 肥料 時期 量 種類 過多

玉ねぎの栽培方法

玉ねぎの栽培方法は長期間の栽培ですが、比較的簡単と言われています。

寒さに強いので、冬にも栽培ができます。

害虫の影響も受けにくく、苗から購入すれば管理もしやすくなっています。

玉ねぎの植えつけは畝の幅が90cmくらいで苗の植えつけ間隔は15cm間隔で植えると良いでしょう。

植えつけ時期は11月頃が適切だと言われています。

玉ねぎの肥料や追肥は?

玉ねぎは肥料をあげたり、追肥がとても重要になります。

肥料は元肥、追肥ともにリン酸成分の配合された肥料を施すことが良いです。

追肥は全生育期間で3回必要になります。

1回目の追肥は、植えつけた苗の根を十分にのばすため、植えつけて2週間後に行います。

2回目の追肥は、根が伸びて肥料の吸収をはじめたら、地上部の成長を助けるために行います。

3回目の追肥は、鱗葉ができて肥大が始まるために必要な栄養です。

肥料は3月の最終の追肥を行ったあとは行いません。

肥大を促進させようと4月以降に肥料を与えると病気や害虫が発生しやすくなります。

スポンサードリンク

タマネギの肥料過多とは?

玉ねぎはたいへん肥料を好みますが、与える時期や量を誤ると肥料過多となってしまいます。

玉ねぎの肥料過多とはどういったものでしょうか。

肥料をたくさん与えれば球が大きくなりそうに思えますが、肥料過多になると球の肥大が悪くなることがあります。

特に窒素が過剰になると地上部の葉ばかりが大きく茂り、球の部分が大きく成長しません。

玉ねぎはその辛味や火を通した時の甘みなどが特徴ですが、窒素やリン酸が過剰になるとその独特の辛味や甘みが薄くなります。

また、玉ねぎはその貯蔵性も特徴ですが、肥料過多の状態で育てると締りが悪くなり、貯蔵性の低い玉ねぎに育ちます。

あと、肥料の多い状態で育っていくと玉ねぎ自体が弱くなって病気や害虫が発生しやすくなります。

肥料過多になったら

何らかの異変が起きて原因を勘違いし、必要以上に追肥をしてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

そんな時は土の肥料濃度を下げるようにする方法が良いでしょう。

大量の水を与えることで土の中の肥料成分を洗い流して濃度を下げる方法があります。

特に容器栽培では効果的です。

まとめ

玉ねぎ栽培は時期と追肥などのタイミングを守れば上手に育てることができそうですね。

肥料過多には要注意しながら、大きく成長するのを待ちたいものです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク