家庭菜園で植えた玉ねぎが大きくならない、成長が遅いと感じている方はいませんか?

そんな玉ねぎの育て方と成長が遅い原因は何かについて調べてみました。

玉ねぎ 成長 遅い 原因

玉ねぎの育て方

北海道では春まきして秋に収穫しますが、その他の地域では秋まきして翌年の春に収穫するのが一般的です。

苗の植えつけが早すぎると冬に大きく成長して春にとう立ちや分球しやすくなります。

玉ねぎの発芽適温は15~25℃で、生育適温は12~17℃となっています。

家庭菜園で玉ねぎを育てる時は、種からではなく、苗から育てるのがおすすめです。

上手に育てるコツ

玉ねぎは加湿に弱いので、水のやりすぎには注意が必要です。

肥料を多くやりすぎたり、少なすぎたりすると病気や害虫が発生しやすくなり、貯蔵性も悪くなります。

玉ねぎは子球を植える時期が遅いと低温にあってとう立ちすることがあります。

とう立ちした芽のことを「ネギ坊主」と呼びますが、ネギ坊主は芽が小さなうちに摘み取ることが大切です。

玉ねぎは、春になってから植えた株の6~7割の茎葉が倒れた頃が収穫時期となります。

スポンサードリンク

成長が遅い理由

玉ねぎが大きくならなかったり、成長しなかったりするのにはいくつかの理由が考えられます。

苗の大きさが適切でないと、うまく成長できません。

玉ねぎの苗は直径が5~7mm、長さが20~25cmくらいのものを選びます。

苗が細すぎたり、太すぎたりすると大きくならない可能性が高いです。

玉ねぎの植えつけ時期が遅いと大きくならないようです。

苗の植えつけは11月頃行います。

植えつけ後、寒くなるまで根をしっかりと張らせることが大切です。

植えつけ時期が遅いと葉が十分な大きさに育つ前に霜が降ったりして育たなくなります。

玉ねぎの栽培で一番失敗しやすいのはとう立ちです。

種をまく時期が早すぎると寒くなる前に玉ねぎが大きく育ってしまいます。

肥料のやりすぎも要注意です。

遅い追肥は病気の発生原因ともなります。

3月中旬以降の追肥は避けたほうが良いでしょう。

まとめ

玉ねぎは植えてから収穫までとても時間のかかる野菜です。

上手に育てていかないと美味しい玉ねぎにはならないので、よく観察して育てていきたいものですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク