疲れていて夜眠れない、何となく眠れないという経験が誰しもあるのではないでしょうか。

実は、玉ねぎが睡眠に効果があると言われているんです。

それはなぜなのか、調べてみました。

玉ねぎ 睡眠 効果

玉ねぎの成分

玉ねぎには、硫化アリルという独特の臭いや辛味成分を含んでいる刺激成分があります。

玉ねぎを切って目が痛くなったり、鼻にツーンとくるのはこれが原因となっています。

この硫化アリルの香りには鎮静作用があるとされており、イライラした気持ちをやわらげリラックスさせる効果があると言われております。

玉ねぎの安眠効果

いったいどのような安眠効果があるのかというと、実際に横浜市にある幼稚園の昼寝の時間に子供たちを2グループに分け、1組はベッドの下にくし切りにした玉ねぎを3つガーゼに包んでおいて置き、もう1組は玉ねぎなしにして実験したそうです。

すると、玉ねぎなしのグループはなかなか眠ってくれず、玉ねぎありのグループのほとんどの子供たちは自然と昼寝をしたそうです。

ただし、香りがきつすぎると逆効果ですので注意が必要です。

スポンサードリンク

安眠玉ねぎの作り方

では、どうやって玉ねぎと一緒に眠ればよいのでしょうか。

丸ごと1個玉ねぎを置いても香りはしませんので、効果はありません。

刻んで枕元に置く方法が良いようです。

細かく刻む必要はなく、ざっくりと切っておくだけでいいようです。。

量が多いと逆に香りがきつくて眠れなくなりますので、玉ねぎのスライス2~3枚程度でよさそうです。

それでも香りがきついようでしたら、水を入れた容器などに入れて枕元に置いておくのが良いでしょう。

咳止めにも効果がある玉ねぎ

玉ねぎの独特の刺激と臭いがある硫化アリルですが、自律神経を鎮めたり、脳からリラックス効果のあるアルファー波を出すことで安眠効果があると言われいますが、咳止めにも効果があるようです。

夜寝るときに咳が止まらない人は安眠玉ねぎを作って眠ると落ち着いて眠れるかもしれません。

まとめ

玉ねぎが睡眠に効果的だということがわかりました。

食べることでも血液がサラサラになって体が温かくなる効果もあるようなので、積極的に玉ねぎを生活に取り入れていきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク