にんじんには色が薄いものと濃いものとがあります。

なぜこのように色が薄かったり濃かったりするのでしょうか?

今回は原因をみていきましょう。

にんじん 色 薄い 濃い 原因

にんじんの色がつく仕組みを知ろう

にんじんはきれいなオレンジ色をしています。

しかし中にはきれいなオレンジ色にならない薄い色のにんじんもあります。

そこでまずはにんじんの色がつく仕組みをみていきましょう。

条件が揃うことで色がつくらしい

どのような条件が必要かというと、播種から約2ヶ月後の気温が20度以上でなくてはならないということです。

そのため播種の時期は慎重にならなければなりません。

播種から2ヶ月経った時の気温が20度以上、この条件でカロテンと呼ばれる成分が増えていき、にんじんの色を濃くしてくれているのだそうです。

にんじんの色はβ―カロテンによってつくられているそうです。

もし播種から2ヶ月経った時の気温が20度を下回れば、濃いオレンジ色にはならず、薄いオレンジ色になってしまうそうです。

適した播種時期は?

濃い色のにんじんを作るためには播種時期がとても重要となります。

播種時期は地域によって異なります。

しかし9月蒔きにんじんの色づきが悪いと言われているように、9月は播種時期として向いていません。

遅くても7月中旬までには植えておいた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

薄いにんじん濃いにんじんで味が違うの?

播種時期によりにんじんの色が薄くなったり濃くなったりするということが分かりました。

では濃さによって味も異なったりするのでしょうか?

濃いにんじんの方が美味しい?

にんじんは色が濃いものの方が美味しいそうです。

美味しいにんじんの選び方をチェックすると、全体的に色が濃く鮮やかなものを選ぶようにしましょうとあります。

色が濃いにんじんにはβ―カロテンが多く含まれています。

β―カロテンが多く含まれている野菜の方が味が濃くにんじんの味をより感じることができるそうです。

ちなみに、野菜の中でも断トツ、にんじんに含まれているβ―カロテンは多いのだそうです。

にんじんを選ぶ時は、味の濃いものを選ぶようにしましょう。

鮮やかであればあるほどおいしいようですよ。

まとめ

今回は濃いにんじん、薄いにんじんとがある原因、またどちらがおいしいのかについてみていきました。

にんじんの色が濃かったり薄かったりする原因が播種の時期にあるとは知りませんでした!

また一つにんじんについて知ることができたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク