高麗人参という漢方を知っていますか?

体にとって良いとされる効果がたくさんある高麗人参。

しかし噂では妊娠中は避けた方がいいと聞いたのですが…。

今回は高麗人参は妊娠中に飲んでも大丈夫なのかどうか疑問について紹介していきます。

人参 漢方 妊娠

高麗人参について知ろう

まずは高麗人参とはどういった漢方なのかについて紹介していきます。

実は人参じゃない?

高麗人参は、人参という名前がついていますが、実は人参ではありません。

私たちが普段日常で食べている人参とはまったく違ったものとなっています。

高麗人参は中国の北東部から朝鮮半島を原産地としている植物の根を乾燥させて作られています。

高麗人参の効果は?

東洋医学では生薬として用いられており、病気にさまざまな効果をもたらす万能薬といわれています。

生活習慣病やガンの予防、免疫力の向上、脳を活性化させる効果や男性のED、更年期障害、アトピーの改善、血行改善に効果があるとされています。

スポンサードリンク

高麗人参は妊娠中に飲んでいいの?

普段から漢方を美容と健康のために飲んでいるという方は多いと思います。

しかし女性は気を付けなければなりません。

妊娠中に飲むと胎児に影響があるとされる漢方もあるのです。

実は高麗人参もその一つだと言われています。

妊娠中にだめな理由

中国や韓国では妊娠中に飲んでいる方も多いようです。

しかし日本では、絶対に安全と言い切れないことから妊娠中に飲むことは禁止されているようです。

過去に妊娠中の女性が高麗人参を飲んだところ、男性化の傾向がみられた新生女児が亡くなってしまったというケースがあったようです。

そのような残念な例があった以上、絶対に安全とは言い切れませんよね。

そのため、妊娠中に高麗人参を飲むのはやめておいた方がいいでしょう。

乳児にもNG

高麗人参は乳児には絶対に飲ませてはいけません。

赤ちゃんに高麗人参を飲ませて、飲ませた赤ちゃんが中毒になり亡くなってしまったというケースがあったようです。

赤ちゃんに飲ませたらだめなので、妊娠中のお母さんにもだめというわけですね。

高麗人参はウコギ科に属する多年生の植物です。朝鮮人参、薬用人参、御種人参(御種人参)など、様々な呼称がありますが、いずれも高麗人参のことを指します。日本では古くより朝鮮人参と呼ぶのが一般的でしたが、韓国への配慮により戦後から「高麗人参」と呼ばれるようになりました。 栽培に最も適した気候と土壌を持つ韓国が、世界的に高品質の高麗人参の産地として知られています。 #高麗人参 #朝鮮人参 #薬用人参 #御種人参 #おたねにんじん #紅参 #紅人参 #人参農協 #漢方 #万能薬 #免疫力 #自然治癒力 #健康長寿 #健康

高麗人参ウェルネスさん(@kouraiwellness)がシェアした投稿 –

まとめ

今回は高麗人参について、また妊娠中に高麗人参がだめとされる理由を紹介していきました。

万能薬と言われていますが、その分副作用も多いようです。

妊娠したらすぐに飲むのをやめるようにして下さいね。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク