野菜はぬか漬けにすることで、栄養価がアップします。

そしておいしくなります。

にんじんでもぬか漬けを作ってみましょう。

今回はにんじんのぬか漬けの作り方、コツや時間などについて紹介していきます。

これを読めばぬか漬けが作りたくなるかもしれません。

にんじん ぬか漬け 時間 栄養

なぜぬか漬けにすると栄養価がアップするの?

ぬか漬けにすることで、栄養価がアップするといわれています。

ぬか漬けにつけることでなぜ栄養価がアップするのかチェックしていきましょう。

ぬか漬けは栄養の宝庫!?

ぬか漬けにする米ぬかがビタミンB群の宝庫だといわれているので、野菜のビタミンB1が増えるんだそうです。

そのため普通に食べるより、ぬかづけにする方が栄養価がアップするといわれているんだとか。

ぬか漬けと相性のいい野菜は?

ぬか漬けはさまざまな野菜で作ることができます。

特にぬか漬けと相性がいいのはきゅうり、大根、白菜、人参、ナス、かぶ、ごぼうとなっています。

キュウリは定番ですよね。

しかし実はぬか漬けはどんな野菜でも作ることが可能です。

キャベツや白菜などの葉野菜でも、美味しく作ることができるなんて知りませんでした。

スポンサードリンク

にんじんでぬか漬けを作ろう

にんじんでぬか漬けを作る時のコツと、漬け時間についてみていきましょう。

おいしく作るコツ

にんじんでぬか漬けを作る時は、皮をむいてからつけていきます。

皮をむかずにそのまま漬けることも可能です。

しかし時間がかかってしまうそうです。

またぬか床に入れる前に、軽く塩もみするといいでしょう。

にんじんの漬け時間は?

にんじんのような固い野菜は、長めに漬けておくのがいいとされています。

しかしあまりに長く付けてしまうとしょっぱくなるので加減が難しいです。

またそのまま入れた場合と、切って入れたものとでは漬け時間が変わってきます。

漬け時間を短くしたいならにんじんは切って入れることをおすすめします。

また小さめにカットするといいでしょう。

半分に切るよりは縦半分にカットし入れて置いた方が上手にできるようです。

縦半分にカットしたにんじんの場合、1日漬けておいたら充分です。

また1本まるまる付けた場合、長くても2日くらいでいいでしょう。

まとめ

今回はにんじんのぬか漬けの作り方を中心に紹介していきました。

ぬか漬けはぬか床がしっかりできていればおいしく作ることができます。

ハマれば楽しいので、興味のある方はぬか漬けに挑戦してみてはいかがでしょうか。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク