みなさんは食べ合わせを意識していますか?

もしかすると食べ合わせを意識せずに食べている人が多いかもしれません。

しかし食べ合わせ次第で、その食材を活かしたり活かせなかったりするそうです。

そこで今回はにんじんの食べ合わせについてみていきましょう。

にんじん キャベツ きゅうり トマト 食べ合わせ

にんじんと相性のいい食材は?

にんじんと食べ合わせるのに良いとされる食材についてみていきましょう。

一緒に食べるといい食材は?

にんじんと一緒に食べると良いとされている食材はトマト、白菜、キャベツ、チンゲン菜、タマネギ、セロリ、ワカメ、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜、ごぼう、たけのこ、こんにゃくなどです。

お味噌汁や、きんぴら、炒め物で一緒に食べるといいようですよ。

食べ合わせることでどのような効果が期待できるのか

にんじんとトマト、キャベツ、白菜、チンゲン菜は一緒に食べることで老化防止、そしてガン防止になるといわれています。

さらににんじんとタマネギ、セロリ、ワカメは一緒に食べることで糖尿病予防、にんじんとかぼちゃ、ブロッコリー、小松菜は一緒に食べることで眼精疲労、眼病予防に効果があるとされ、にんじんとごぼう、たけのこ、こんにゃくは動脈硬化、高血圧の予防、便秘の解消に効果があるといわれています。

食べ合わせるだけでこのような効果を得ることができるのです。

スポンサードリンク

にんじんと相性の悪い食材は?

にんじんと食べ合わせるのはよくないとされている食材についてみていきましょう。

一緒に食べるのがよくない食材は?

にんじんと一緒に食べるのはよくないとされている食材は、きゅうり、大根などです。

にんじんと大根って、お味噌汁の定番じゃないですか!?

まさか食べ合わせが悪いなんて知りませんでした。

なぜ食べ合わせNGなのか

まず、にんじんときゅうりですが、どちらにもアスコルビナーゼというビタミンCを破壊する酵素が含まれています。

そのためサラダに入れてしまうと、他の野菜のビタミンCまで壊してしまう恐れがあるのです。

そのためサラダににんじんときゅうりを加えたい時にはお酢を加えると良いでしょう。

酢の物にすることで、アスコルビナーゼの働きを弱くすることができます。

また熱を通しても良いそうです。

にんじんと大根ですが、お味噌汁の定番の組み合わせですよね。

私もこの組み合わせで出していたので、食べ合わせが悪いと知って驚いています。

また紅白なますなどもありますよね?

なぜ食べ合わせがよくないのかというと、にんじんと大根もきゅうりと同じでビタミンCを破壊するアスコルビナーゼが含まれているからです。

しかしお酢を加え、熱を通すことで働きを弱くすることができるので、お酢を使う紅白なますや熱を加えるお味噌汁は問題ないようです。

まとめ

今回はにんじんの食べ合わせについてみていきました。

意識していなかったという人がほとんどでしょう。

しかしせっかくなので、食べ合わせを意識してみるといいでしょう。

特ににんじんと相性の良い食べ物は積極的に一緒に食べるようにしていきましょう。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク