刺身についてくるつま。

刺身をおいしそうに見せてくれていますよね。

つまは大根で作られているのが一般的ですが、実は大根以外でも作られています。

にんじんのつまもあるんですよ。

今回は刺身のつまについて、またにんじんで作られるつまについて紹介していきます。

にんじん 刺身 つま

にんじんで作るつまとは

大根で作られるイメージの強いつま。

にんじんで作る場合はどのように作るのでしょうか?

大根と作り方は同じなのでしょうか?

にんじんのつまの作り方

つまは、まずかつらむきしそえから千切りにしていきます。

しかし大根はかつらむきしやすいですが、にんじんはかつらむきしにくいです。

ではどうすればいいのかというと、にんじんのつまを作る時にはピーラーがおすすめです。

ピーラーでにんじんをスライスしていき、スライスしたものを千切りにしていきます。

この方法だと簡単につまを作ることができます。

つまは千切りにしたらかならず水につけておくようにしましょう。

刺身と一緒に出す時は水気を切ってから一緒に出しましょう。

にんじん以外では?

にんじん以外ではじゃがいも、ウド、カボチャ、きゅうりなどでもつまは作られます。

大根が一般的ですが、実は大根以外の野菜もつまとして調理することができるんです。

大根ときゅうり、にんじんなどでつまを作るとカラフルになり、刺身がいつもより豪華に見えますよね。

スポンサードリンク

刺身についてくるつまについて

にんじんのつまについて紹介しましたが、実はにんじんを使用したものはつまではなく、けんと呼ばれるものなんだそうです。

ではつまについて詳しく知っていきましょう。

つま?けん?

つまは、つま、けん、辛みの3種類のことを総称したものです。

まずけんですが、けんは野菜を細く切ったもの(剣のように)です。

大根や野菜は細く切って使用するので、正確にはけんといいます。

ではつまとはなんなのか、つまは芽ねぎやみょうがなどまた海藻が使われます。

しかしけんのこともつまというので、とくに問題ないでしょう。

つまは食べる?食べない?

つまは食べるものです。

つまは刺身の毒消しや臭い消し、そして口直しのために添えられています。

きちんと意味があっておかれており、またつまは大根やにんじんが使われていることが多いので、食べても問題ありませんよね。

しかし生の大根やにんじんが苦手という人もいますし、食べない人も多いので、食べたい人は食べる食べたくない人は食べないでもいいのではないでしょうか。

しかしビジネスシーンなどではマナーとして残さず食べた方がいいででしょう。

まとめ

今回は刺身についているつまについて紹介しまた。

大根のイメージが強いですが、にんじんのつまもおいしそうですよね。

また大根と人参を組み合わせてつまを作ってもいいですよね。

ぜひ自宅でも刺身を食べる時はつまを作ってみて下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク