今回は、にんじんを育てる上で必要となる追肥についてチェックしていきます。

追肥はいつどのようにして行われるのでしょうか?

にんじんを家庭菜園してみたいと思っている方必見です。

にんじん 追肥 方法 時期

追肥の時期は?

追肥とは、野菜を育てる上で必要となる肥料のことをいいます。

この追肥はしっかり適した時期に行なう必要があります。

ではにんじんの追肥を行う時期はいつになるのでしょうか?

追肥は間引きのあとに

1回目の追肥は2回目の間引きのあとに行います。

全体的に追肥を行っていきます。

そして周辺の土と追肥を混ぜ合わせ、混ぜ合わせた土を株によせ追肥がしっかりにんじんに栄養が届くようにします。

3回目の間引きのあとに、2回目の追肥を行っていきます。

与え方などは1回目の追肥と同じです。

間引きのタイミングは?

追肥を行うには間引きのタイミングをしっかり見なければなりません。

間引きとは、たくさんできた苗を取り除き少数の苗だけ残すことです。

間引きを行わないと日当たりが悪くなってしまい、また水や栄養がきちんと行き渡りません。

間引きのタイミングは、葉が重なり出したらです。

株同士の間隔は、にんじんの種類によって異なるようです。

にんじんの種の裏に間引き間隔が書いていることが多いので、チェックしてから間引きを行うようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

追肥は必ず行わなければならないの?

にんじんは他の野菜に比べ肥料が多く必要になるそうです。

そのため追肥を行うというわけです。

では追肥を行わない場合、にんじんは育たないのでしょうか?

にんじんを大きくしたいなら追肥を

にんじんは家庭菜園で育てる場合、なかなかお店で売っているもののように太く大きくはなりにくいです。

そのため追肥をし、にんじんを太く大きくする必要があります。

また追肥をしても大きくならないという場合は、間引き不足が考えられます。

間引き間隔が狭いので太く大きくならないということが考えられます。

そのためにんじんを太く大きくしたのなら間引きをしっかり行い、追肥も行っていきましょう。

まとめ

今回はにんじんの追肥について様々なことを紹介していきました。

太く大きなにんじんを作るのは大変なようですね。

追肥と間引きをしっかり行い、太く大きなにんじんを育てていきましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク