キャベツは1年中安価で手に入れられる食材です。

生で食べても、煮込んでも、焼いてもおいしく食べられます。

また、キャベツは健康に良い免疫力を高めると言われています。

一体どのような栄養素が含まれているのでしょうか?

その栄養成分と効能について調べてみました。

キャベツ 葉 栄養

キャベツの葉の栄養成分

キャベツにはたくさんのビタミンが含まれています。

まず、最も多いのが「ビタミンⅭ」です。

含有量はキャベツ100gあたり約44mgで、外側の葉に一番多く含まれています。

ビタミンⅭは免疫力を高める働きがあると言われています。

キャベツに含まれるビタミンで有名なのが「ビタミンU」です。

別名キャベジンと言われています。

ビタミンUは胃酸の分泌を抑えて胃腸の粘膜を健康に保つ働き、胃腸の粘膜を修復するタンパク質の合成を促す働きがあります。

胃潰瘍や胃痛で悩む人が毎日3枚のキャベツを食べたところ数週間で改善・治癒したという報告があり、胃の健康維持効果が期待されます。

また「ビタミンK」も多く含んでいます。

ビタミンKには血液凝固作用があり、止血が早くなり、かすり傷などの治りが早くなる効果が期待できます。

ビタミンの他にも「カルシウム」「βカロチン」「葉酸」と様々な栄養素を含んでいます。

スポンサードリンク

キャベツの効果的な食べ方

キャベツはアクが少ないので生食に向いています。

ビタミンⅭは熱に弱く水に溶けやすいので、生のまま食べるのが一番です。

千切りにして水にさらす場合も5分後にはビタミンⅭが2割も減ってしますので、注意して下さい。

加熱すればたくさんの量が食べられますが、ビタミンⅭは熱に弱く、摂取量は低下してしまいます。

加熱する際はサッと蒸す程度に留めておきましょう。

ビタミンⅭ、ビタミンKは脂溶性なので、サラダで食べる場合もノンオイルのドレッシングではなく、油分のあるドレッシングを使いましょう。

#cabbage #cabbagesalad #eatpamore #unli #キャベツ #キャベツサラダ #キムカツ

niangelineさん(@niangeline)がシェアした投稿 –

まとめ

キャベツは健康増進だけでなく、美容にも効果があると言われています。

カロリーも低いのでダイエットにも最適です。

キャベツは毎日異なる料理法で楽しめる食材ですので、正しく、効果的に料理する参考になれば幸いです。

check①簡単に自宅でできる!野菜の農薬が除去できるスプレーはこちらから➹ check②安心で安全!オーガニック有機野菜が買える今話題の宅配野菜ランキングはこちら➹
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク