アスパラガス菜って聞いたことがありますよね。

アスパラガスの仲間でしょうか?

それともアスパラガスの葉っぱでしょうか?

いったいどんな野菜なのか気になりますよね。

ここではアスパラガス菜について調べてみました。

アスパラガス アスパラガス菜 違い

アスパラガス菜ってどんな野菜?

まず、アスパラガス菜の名前ですがアスパラ菜と呼ばれるほうが一般的なようです。

実は、アスパラ菜は菜の花の仲間でアブラナ科に属する植物なのです。

なぜアスパラガスの名前を使っているのかというと、しゃきしゃきっとした触感と風味がアスパラガスに似ているからだそうです。

アスパラガスの葉ではないんですね。

中国野菜の菜心(サイシン)と紅菜苔(コウサイタイ)という野菜をかけ合わせて作られた、新しい野菜だそうですよ。

菜の花と同じように花芽を食べますが、菜の花と違いあくが少なく、甘みがあっておいしいそうです。

やはり、お浸しや炒め物など菜の花と同じような調理法が向いているようですね。

アスパラ菜の栄養

アスパラ菜もアスパラガスと同じく、緑黄色野菜で、βカロテン、ビタミンB群が豊富に含まれています。

他にも、ミネラル、カリウム、カルシウム、リン、鉄など栄養価の高い野菜です。

さっと湯がくだけで食べられるので、手軽に栄養が取れていいですね。

スポンサードリンク

アスパラ菜の調理法

まず、下茹でしておきましょう。

下茹でして保存しておけばいろいろな調理に使えて便利です。

下茹では沸騰したお湯に塩を入れ、アスパラ菜を1分くらい湯がきます。

そのあと冷水にとり、水分を絞ります。その後はお好きに調理して下さい。

冷水にとると緑が鮮やかに冴えますので、出来るだけ冷たい水で行いましょう。

  • お浸し
  • からし醤油和え
  • アスパラ菜とベーコンのパスタ

などがおすすめです。

菜の花のように癖がないので、いろいろな食材と相性がいいようです。

野菜スープなどにしてもいいですね。

おいしく食べることができて、いろいろな栄養を取れるなんて嬉しいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アスパラ菜はアスパラガスの名前をもらった中国野菜でした。

両方とも栄養たっぷりのおいしい野菜です。

たくさん食べて、おいしく健康になりましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク