お菓子の“アスパラガス”を知っていますか?

昔からあるお菓子ですから食べたことのある方もいるのではないでしょうか?

なぜ野菜のアスパラガスと同じ名前なんでしょうか?

名前の由来を調べてみました。

アスパラガス 菓子 由来

お菓子の“アスパラガス”

お菓子の“アスパラガス”、昔からある有名なお菓子ですから、ご存知の方も多いでしょう。

細長いスティック状のビスケットで黒ゴマが入っており、他のビスケットより硬めの触感が特徴的なお菓子です。

“アスパラガス”という名前もインパクトがありますよね。

緑色のアスパラガスとビスケットの“アスパラガス”、どちらも同じ名前ですがあまり似ていません。

強いて言えば、細長いところが似ているでしょうか?

原材料を調べてみても、ビスケットの中にアスパラガスの成分などは入っていません。

どうして“アスパラガス”という名前をつけたのでしょう?

スポンサードリンク

お菓子の“アスパラガス”の歴史

では、お菓子の“アスパラガス”の歴史を振り返ってみましょう。

“アスパラガス”発売は45年前、今でも売れ続けているロングセラー商品です。

その当時、野菜のアスパラガスが出回り始めたのですが、値段も高く庶民の手の届かない高級食材だったそうです。

そして同時期に新しいビスケットの開発をしていた会社がそのアスパラガスの形や高級感に目を付け、ビスケット“アスパラガス”として発売したそうです。

他にはない細長い形の面白い名前のビスケットは、当時注目されたでしょうね。

現在のお菓子の“アスパラガス”の形は、あまり似ていないような気がしますが、当時は職人さんの手作りでもっと似ていたそうです。

一度見てみたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お菓子の“アスパラガス”の名前の由来がわかりました。

野菜の名前をお菓子に使うという発想が斬新ですし、それを販売した会社もすごいですね。

そして、その名前が長い間愛され続けるなんてとても素晴らしいことだと思います。

今では定番の野菜となったアスパラガス、有名になったお菓子の“アスパラガス”。

どちらもこれからも食べ続けていきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク